Kid CudiがKanye Westとのアルバム『Kids See Ghosts』の続編を計画していると明かす

わずか7曲という短さのアルバムで世界中の話題をさらい、非常に高い評価を受けたKanye WestとKid Cudiのプロジェクト『Kids See Ghosts』だが、今回Kid CudiがKanye Westと共に新たなアルバムを作る計画を進めていることを明かした。

Billboard誌の表紙を飾ったKid Cudiはインタビューの中で、「前回のアルバムに収録しなかった曲がいくつかあるから、後で使いたいと思っている。『Kids See Ghosts』でさらなるアルバムを作る計画があるんだ」と語っており、Kanyeとの次回作を製作しようとしているという。

Cudiは「俺とKanyeがいつだってヤバいものを作ることは客観的事実だ。俺たちの間の化学反応は素晴らしい」と、Kanyeへの信頼を覗かせた。アルバムの完成までは「良いものにするためには一年と半年ほどの時間が必要だ」としているが、「曲を作ることは難しくないよ。本当に簡単だ」と自信に満ちたコメントを残している。

またKid Cudiは自身のテレビ番組の準備を進めていることを明かしたほか、CudiとA.P.C.のコラボコレクションがまもなく発表されるという。

今年に入ってますます精力的な活動を始めたKid Cudiの今後の動きに注目すべきだろう。

RELATED

Snoop Doggが「Kanye Westから携帯を取り上げろ」と発言

先日はDrakeやTravis Scottへの不満をぶちまけるツイートを連投し世間を騒がせたKanye West。そんな彼の行動にSnoop Doggが苦言を呈している。Snoop Doggといえば定期的にKanyeの行動を諌めたり煽ったりすることで知られているが、今回は彼のツイートについてだ。

Kid Cudiが自身のメンタルヘルスについて語るのを恥ずかしいと思っていたことを明かす

Kid Cudiといえば、メンタルヘルスについてラップするラッパーの先駆けとして、様々なアーティストからリスペクトを集める存在だ。

Kanye WestがTwitterでDrakeへの不満をぶちまける

Kanye WestとDrakeといえば、ともに楽曲を制作する間柄でありながら、ビーフとまではいかないまでも、度々お互いをディスするなど長きにわたり複雑な関係性が続いていることは有名な話だ。だが、今回はそうはいかないかもしれない。Kanyeが自身のTwitterでDrakeへの不満をぶちまけたのだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。