Kanye WestとKid Cudiのコラボアルバム『Kids See Ghosts』がリリース

『The Life of Pablo』以来約2年ぶりとなる新作『Ye』を先週リリースしたKanye West。自身のTwitterで予告していた通り、今日Kid Cudiとのコラボアルバム『Kids See Ghosts』をリリースした。

アートワークを担当したのは村上隆。KanyeとCudiの2人は去年の夏頃に、村上隆のアトリエスタジオを訪れており、親交が深いことがうかがえる。

Long time no see @kidcudi and #kanyewest. Thank you for coming to my studio. It was fire ???

Takashi Murakamiさん(@takashipom)がシェアした投稿 -

そんな今回のアートワークは日本画がモチーフとなっており、ポップでありながらもどこか陰鬱とした雰囲気も併せ持つデザイン。村上隆はKanyeが2007年にリリースしたアルバム『Graduation』のアートワークも手がけていたが、そのアートワークともどことなく似ている。

そして『Kids See Ghostz』でKanyeが5月から6月にかけてリリースする予定の5作品のうち3作品がリリースされ、残りは2作品となった。
来週6/15(金)には自身がプロデュースするNasのニューアルバム、そして6/22(金)には5つの作品の最後を飾るTeyana Taylorの待望のデビューアルバムがリリースされる予定だ。

related

大統領選への出馬を改めて表明したKanye Westが人工妊娠中絶の撤廃を訴え批判を浴びる

改めて大統領選出馬への意志を強調し、先日公開されたForbesのインタビューの中では自身の新党「The Birthday Party」を立ち上げること、また2月に新型コロナウイルスに感染していたことなどを明かし大きな話題を呼んだKanye West。そんな彼が、自身の思想や政策について説明する中で人工妊娠中絶の撤廃を訴えたことが批判を浴びている。

【コラム】Kanye Westの大統領立候補発言を検証する

Kanye Westが7/5に今年投開票されるアメリカ大統領選挙に立候補するとツイートし、アメリカだけではなく普段はKanyeの動向には無関心の日本でもマスメディアが報じるなど、世界的に大きな話題となっている。

Kanye WestのYeezyが新型コロナウイルスの影響を受け200万ドル以上の融資を受けたことが判明

先日はGAPとのコラボレーションが発表されるなど好調な様子を見せているKanye WestのブランドYeezy。新型コロナウイルスの世界的なパンデミックによりファッションブランドを含む多くの企業が経済的な打撃を受ける中、Yeezyが経営を維持するために多額の融資を受けていたことが報じられている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。