Pussy Riotの創設メンバーによるエッセイ集が刊行 | 日本初の関連本

ロシア・W杯決勝戦の最中に、プーチン政権への抗議の意味をこめた乱入を行ったロシアのパンクバンドPussy Riotの創設メンバーでブレイン的存在のマリア・アリョーヒナによるエッセイ集『プッシー・ライオットの革命RIOT DAYS(仮)』が10月に刊行される。

Pussy Riotは2012年に大統領選への抗議活動として、モスクワの大聖堂で手作りの目出し帽を身に纏い反プーチン政権の曲を演奏。リーダー的存在の本書の著者、マリアとナジェージダ・トロコンニコワに禁錮2年の判決が下された。しかし、オノ・ヨーコ、スティング、パティ・スミス、レディオヘッドなど100名を超える著名ミュージシャンがグループの支持を表明。2013年に釈放。今年3月にはロシア大統領選前日に新曲“Elections”のビデオを公開。

fgfagmcbiehhcobk
マリア・アリョーヒナ

そしてフランスvsクロアチアのワールドカップの決勝でメンバー4人が乱入、現在は逮捕・拘留されている。

日本初のPussy Riotに関する書籍となる本書は、グループの結成、ロシア警察による2012年の逮捕と服役期間の真相についてマリア・アリョーヒナ本人が書いている。

Info

『プッシー・ライオットの革命 RIOT DAYS(仮)』

マリア・アリョーヒナ [著]
aggiiiiiii (アギー) [訳]

四六/並製/224頁(予定)
予価:本体1,900円+税
ISBN 978-4-86647-075-7

http://diskunion.net/dubooks/ct/detail/DUBK226

RELATED

書籍『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門』が刊行 | 日米の歴史をカバーしたビギナーにも最適な1冊に

NHK FMで放送され話題となった番組『今日は一日“RAP”三昧』が元となった書籍、『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門』が、10/30(火)に発売される。

ダンスホールレゲエの歴史を紹介する書籍を刊行するためのクラウドファンディングがスタート

RihannaやDrakeなどによって、さらに注目を浴びている音楽ジャンル、ダンスホール。

DJ Mitsu the Beatsと吉田雅史による『J・ディラと《ドーナツ》のビート革命』刊行を記念したトークショーが開催

JAZZY SPORT SHIMOKITAZAWAにて、早生の天才ビートメーカー、J・ディラの創作の秘密に迫った『J・ディラと《ドーナツ》のビート革命』の刊行を記念したトークイベントが10/18(木)に開催される。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。