『カメラのおもちゃ展』が大阪の写真専門ギャラリー・ソラリスで開催中

大阪・心斎橋にある写真専門ギャラリー「ソラリス」にて7/15(日)まで写真家・吉川直哉の協力の下『カメラのおもちゃ展』が開催中だ。

「写真」を撮る道具として馴染みのある「カメラ」の形は、おもちゃのモチーフとしてもよく登場する。時にアクセサリーやインテリアなどの飾り、子供向けの遊び寝具など様々な目的で作られる「写せないカメラ」たち。

3

しかしおもちゃは「世相・時代を写す」ものである。様々な「カメラのおもちゃ」は、カメラの元になったモデルや、おもちゃの用途などから世の中の変化が見えてくる。

4

そんな「カメラのおもちゃ」を20世紀の終わり頃から集め出した写真家・吉川直哉の協力の下、今回の展覧会ではカメラの形をモチーフにした「カメラのおもちゃ」コレクションを約100点展示している。

「カメラの原点」とも言えるピンホールカメラをフィルムケースを使って作り、プリントまで体験をすることができるイベントが最終日7/15(日)の13時から15時までの開催予定だ。

Info

 

ギャラリー・ソラリス企画展

「カメラのおもちゃ展」

─────────────────

◆会期:2018年7月3日(火)~7月15日(日)

11:00~19:00  ※7月9日(月)休廊  入場無料

◆会場:ギャラリー・ソラリス

大阪市中央区南船場3-2-6  大阪農林会館B1F

TEL/FAX 06-6251-8108

MAIL hello@solaris-g.com

http://solaris-g.com

アクセス:地下鉄 御堂筋線、鶴見緑地線「心斎橋駅」よりクリスタ長堀北5号出口上がる、徒歩約2分。

◆会期中イベント:

「フィルムケースを使ってピンホールカメラを体験しよう」

7月15日(日)13:00~15:00

「ピンホール」と呼ばれる、小さな穴から光を取り込み、穴から見える景色を、真っ黒な箱の中にあるフィルムや印画紙などに写す「ピンホールカメラ」。そんな『カメラの原点』とも言えるピンホールカメラをフィルムケースを使って作り、プリントまで体験してみましょう!お申し込み・詳細は、WEBをご覧ください。

https://solaris-g.com/portfolio_page/180703/

RELATED

山谷佑介によるドラムセットを使用したパフォーマンスによるセルフポートレート作品『Doors』をYouTube Liveで配信

写真家の山谷佑介によるドラムセットを使ったパフォーマンスによるセルフポートレート作品 『Doors』が、代官山 フォトフェアの会場内で再演される。『Doors』は過去作により自らの“撮る”という行為を強く意識した山谷による、自らを被写体とした最初のセルフポートレート作品。

写真集に特化したアートブックフェア『写真集飲み会』が開催 | 小谷実由が編集したZINEも配布

写真集に特化したアートブックフェアとして、これまでに東京と大阪で開催してきた『写真集飲み会』が、10/20(土)、10/21(日)に東京・原宿のVacantで3年ぶりに行われる。 2日間でこれまでのべ最大1000人の来場者を記録したこのイベントは、写真集専門の出版社、ギャラリーなどがテーブルを...

Martha Cooperがグラフィティークルー1UPと過ごした1週間の記録を記念した展示が開催

70年代からアメリカのグラフィティー・シーンを写真に収めて来たMartha Cooperが、ベルリンを中心にヨーロッパや世界各地で活動してきたグラフィティークルー1UPと共に1週間を過ごした記録を収めた写真集『ONE WEEK WITH 1up』を刊行する。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。