SoundCloudにアップロードしたラップが問題となり高校生が実刑の危機

高校に通った経験のある人は、その環境にフラストレーションを抱えることもあったかもしれない。音楽はそのような感情を表現する手段の一つだが、それが思わぬ事態を引き起こしてしまうこともあるようだ。

ニュージャージーのJames Caldwell High Schoolに通う高校生Michael Schmittは、ラップをSoundCloudにアップすることが趣味だった。そんな彼が2月にアップロードした曲”u lil slut @jchs I love u all even tho yall hurt me and i forgive u. I would never hurt u”は、暴力的な内容だった上に通っている高校をネームドロップしてしまったために問題となってしまった。

彼がTwitterやSnapchatで曲を宣伝していたのを偶然見かけた同級生は、彼がSoundCloudのプロフィール画像で銃を構えているのを発見。

4077261eec12e4e1402c60831e4a6526.387x418x1

危険だと考えて母親や学校の教員に相談。それからまもなく、James Caldwell High Schoolが封鎖される事態にまで発展してしまったという。Schmittは威力業務妨害で逮捕されてしまい、投獄された後に、現在は自宅観察処分に至ったという。

現在のアメリカにおいてスクールシューティングは大きな問題となっており、奇しくも問題の曲がアップロードされたのと同じ二月にはフロリダの高校にて悲惨な銃撃事件が起こっている。そのような背景もあり過敏になっていた部分も大いにあるのだろうが、Schmitt自身はBuzzFeedの取材に対し「彼らは俺をスクールシューターだと決めつけていて、それがとても怖い。俺はこの白人ばかりの保守的な町でヒップホップを愛してる変な子供なんだ」「銃も友達に借りたおもちゃで本物じゃない」と応え、学校を銃撃する意思など無かったということを訴えている。

Schmittが暮らすWest Caldwellは人口1万人強の小さな町で、ほとんどが白人かつ共和党支持者が多数を占めるような環境だったという。Schmittは「俺の人生はこの町によってめちゃくちゃにされた。俺は終わりなんだ。この町のみんなが俺のことを狂ったやつだと思ってる」と語っている。現在彼はカウンセラーとメンタルの治療に取り組んでいるそうだが、彼が再びラップを始められること、そして明るい未来が訪れることを願ってやまない。Schmittへの判決は延期状態になっている。

RELATED

SoundCloud上の楽曲がDJでもプレイ可能に

昨日、現在オランダで行われているAmsterdam Dance Eventにて、ストリーミングプラットフォーム大手のSoundCloudがDJソフトウェア企業との業務提携を発表した。

SoundCloudチャートで音源が聴かれなくても1位を獲得する巧妙な方法

元々はダンスミュージックのプロデューサーやDJのためのプラットフォームとして成長していたSoundCloudが、ヒップホップシーンで注目を集めるようになったのはここ最近のことだ。Lil Uzi VertやLil PumpやSmokepurpp、故Lil PeepなどいわゆるSoundCloudラッパーと言われる、SoundCloudで注目を集め羽ばたいていくラッパーが多く登場している。

SoundCloudの音質が告知なしに低下していたと報じられるもSoundCloud側は否定

先週、SoundCloudにおける急な音質の低下に気が付いたユーザーが多くいたという。Twitterアカウント@DirectOfficialの指摘によると、SoundCloudのストリーミング再生のビットレートはMP3 128kbpsからOpus 64kbpsに変更されていたという。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。