A$AP FergがKendrick LamarとJ.Coleの楽曲は薬のようだと述べる

先日、Pusha-TとDrakeのビーフがリリシズムを復活させたと語ったA$AP Fergだが、同じポッドキャストでKendrick LamarとJ.Coleに賛辞を送った。

DJ Whoo Kidのポッドキャストに出演したFergはこう述べている。「1日の終わりに、俺は有名なアーティスト達は俺らが理解できる言葉で人生に対して何か言葉を投げかけているんだと感じるんだ」

続けて、「それはKendrickやJ.Coleのことだよ。俺が思うに、彼らは本当に偉大だ。なぜなら彼らの音楽は薬だからね。まるで錠剤みたいな感じだよ。」と独特な言い回しでKendrickらを賞賛した。

確かに今のヒップホップからリリシズムの美学が失われていると感じているFergにとって、KendrickやJ.Coleのようなリリック重視のラッパーの楽曲は心に響く者があるのかもしれない。

このポッドキャストでFergはA$AP Mobについても語っている。今ではファッションの世界とラップをつなぐ役割を担っているイメージのあるA$AP Mobだが、昔のA$AP Mobの音楽はヒューストンに影響を受けていたそうだ。

この他にもこのポッドキャストには映画『Straight Outta Compton』にEazy-E役で出演したJason Mitchellも登場し、Pusha-TとDrakeのビーフについて少し話している。

FergのKendrickとJ.Coleについてのコメントは18分50秒ごろ、Jason Mitchellは34分頃から登場する。

RELATED

NBAオールスターゲームのダンクコンテストでDennis Smith Jr.のアシスト役として登場したJ. Coleが自らもダンクを狙うも失敗

NBAオールスターウィークエンドがノースカロライナ州のシャーロットで開催され、ダンクコンテストでニューヨーク・ニックスのDennis Smith Jr.のアシストとしてJ. Coleが登場し観客を沸かせた。

グラミー賞でのパフォーマンスをKendrick LamarやDrake、Childish Gambinoなどが相次いで断る

いよいよ現地時間の2月10日に迫るグラミー賞の授賞式だが、ヒップホップアーティストが相次いで授与式でのパフォーマンスのオファーを断っていると伝えられている。

Kanye WestをディスしたJ. Coleの新曲“Middle Child”に対しPusha Tが警告を送る

今週水曜日にリリースされたJ. Coleの新曲“Middle Child”が波乱を呼んでいる。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。