A$AP FergがKendrick LamarとJ.Coleの楽曲は薬のようだと述べる

先日、Pusha-TとDrakeのビーフがリリシズムを復活させたと語ったA$AP Fergだが、同じポッドキャストでKendrick LamarとJ.Coleに賛辞を送った。

DJ Whoo Kidのポッドキャストに出演したFergはこう述べている。「1日の終わりに、俺は有名なアーティスト達は俺らが理解できる言葉で人生に対して何か言葉を投げかけているんだと感じるんだ」

続けて、「それはKendrickやJ.Coleのことだよ。俺が思うに、彼らは本当に偉大だ。なぜなら彼らの音楽は薬だからね。まるで錠剤みたいな感じだよ。」と独特な言い回しでKendrickらを賞賛した。

確かに今のヒップホップからリリシズムの美学が失われていると感じているFergにとって、KendrickやJ.Coleのようなリリック重視のラッパーの楽曲は心に響く者があるのかもしれない。

このポッドキャストでFergはA$AP Mobについても語っている。今ではファッションの世界とラップをつなぐ役割を担っているイメージのあるA$AP Mobだが、昔のA$AP Mobの音楽はヒューストンに影響を受けていたそうだ。

この他にもこのポッドキャストには映画『Straight Outta Compton』にEazy-E役で出演したJason Mitchellも登場し、Pusha-TとDrakeのビーフについて少し話している。

FergのKendrickとJ.Coleについてのコメントは18分50秒ごろ、Jason Mitchellは34分頃から登場する。

RELATED

グラミー賞候補作が発表 | 主要賞にヒップホップ作品が続々とノミネート

61回目となるグラミー賞の候補作が発表となった。今年の最多ノミネートは映画『ブラックパンサー』のサントラなどの効果でKendrick LamarがSZAとの"All The Stars"で最優秀レコード賞や最優秀楽曲賞などの主要賞を含む8部門にノミネート。

Kendrick Lamarはかつて2Pacの幽霊を観たことがある?

ハロウィンも近づいてきた今日この頃。「幽霊を見たことがある」という怪談は世の中に数えきれないほどあるが、尊敬している人物の幽霊なら会ってみたいと思う人も多いのではないだろうか。

J. Coleが「Twitter A&R」たちのレビューによって気持ちが傷ついていると明かす

音楽が好きなTwitterユーザーの中には、新譜やアーティスト自身についてのレビューを日常的に書いている人も多いだろう。忌憚の無い意見を自由に書くことが出来るのがインターネットの良いところではあるが、時にはそれがアーティストの気持ちを傷つけてしまうこともある。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。