ScHoolboy Qと娘が車の中でフリースタイル対決

現在ヒップホップシーンではPusha TとDrakeのビーフや、Chief Keefと6ix9ineという血なまぐさい匂いがする対立なども起こっているが、こちらはとても可愛らしいビーフだ。

TDEのラッパーScHoolboy Qが、娘と一緒にドライブ中に父親が歌う曲に耐えかねた娘が、何か物を運転席に投げたことでこのバトルは勃発。

そのあとのムービーでは娘が父親に向かって、「デブ」などの悪口を用いたフリースタイルを行っている。これに対しQは余裕の笑みを浮かべ、娘に反撃。

「汚いドレッドだ」や、「お前はおれの本当の娘じゃない」などの際どいラインを放っている。さらに「完璧にやっつけてやる」など、大人を相手にするかのようなScHoolboy Qらしいラインも飛び出した。

もちろんこの2人には愛情関係が成立しているからこそ成立するバトルだ、見ず知らずの他人にはいきなり過激なラインを口に出すのはやめた方が賢明だろう。

RELATED

ScHoolboy QがMac Millerの死を受けてアルバムの制作を一時的に中止

今年中にニューアルバムをリリースすると噂されているScHoolboy Qが、友人のMac Millerの死を受けてアルバムの制作を一時的に中止することを発表した。

ScHoolboy QがLil Pumpを聴いていることに疑問を呈すファンを一喝 | 「おれが毎日同じスタイルの音楽を聴きたいと思ってる奴らは馬鹿」

TDEに所属するラッパーのScHoolboy Qは、そのストイックなスタイルでファンから厚い支持を受けているが、Qが一部のファン層に噛み付いた。

Tyler, The Creatorの"Who Dat Boy"のビートをScHoolboy Qがスルーしたことが判明

とあるファンが、Tyler, The Creatorのニューアルバム『Flower Boy』に収録された曲『Who Dat Boy』の3つめのバースはScHoolboy Qが入るべきだった、とツイート。そのツイートにTyler本人が「本当はScHoolboy Qにフィーチャーしてもらうはずだった」と反応した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。