kZmがAWAでドライブをテーマにしたプレイリスト『Emotion Night drive』を公開

アルバム『DIMENSION』を3月にリリースし、現在はリリースツアーを敢行中、7/20(金)にはツアーファイナルを兼ねたYENTOWN主催イベント『YENJAMIN』も開催されるkZmが、AWAでプレイリスト『Emotion Night drive』を公開した。

「遠くから車で帰って来るときの高速で、ひとりでもみんなでも聴いてみてください」というkZmのコメントどおりに、ドライブに合いそうなエモーショナルな楽曲や、自身のアルバムからスマッシュヒットとなっている"Dream Chaser feat. BIM"や、"絶唄"、"Emotion"なども収録されている。

Info

AWA_kZm_jacket

kZm - 『Emotion Night drive』

1. Nightcall - Kavinsky
2. Nights frank Ocean
3. FWU - PARTYNEXTDOOR
4. SLS - PARTYNEXTDOOR
5. Over My Dead Body - Drake
6. Crime (feat. kZm) - Awich
7. Don’t - Bryson Tiller
8. Come Back To Me - Utada
9. 誰かの願いが叶うころ - 宇多田ヒカル
10. Tear Drop - kZm
11. Loking for a Star - XXXTENTACION
12. Forge-me-not - 尾崎豊
13. Losin Control - Russ
14. Jocelyn Flores - XXXTENTACION
15. 絶唄 - kZm
16. Going To The Ceremony - Kid Cudi
17. Thge Ghost Of You -My Chemical Romance
18. Snow (Hey Oh) - Red Hot Chili Peppers
19. I Don’t Want to Be - gavin DeGraw
20. 或る街の群青 - ASIAN KUNG-FU GENERATION
21. Dream Chaser (feat. BIM) - kZm
22. Forever feat . Vic Mensa - Towkio
23. Go Back Home - FKJ
24. Pilot Jones - Frank Ocean
25. Seigfred - Frank Ocean
26. Emotion - kZm

 

related

東京タワーの真下で開催される『Red Bull Tokyo Unlocked』にAwich、Campanella、Daichi Yamamoto、JUMADIBA、kZm、ralph、STARKIDS、ゆるふわギャングなどが出演

マンチェスター、アムステルダム、パリなど世界20都市でレッドブルがスタートさせたパーティーシリーズ『Red Bull Unlocked』が6/24(金)と6/25(土)に東京で開催される。

Red Bullによるサイファー企画『RASEN』の第16弾にCYBER RUI、JUBEE、kZm、Space Boyが登場 | ビートはDJ DISKが制作

Red Bullによるジャパニーズ・ヒップホップ専門のYouTubeチャンネル「レッドブルマイク」で人気サイファー企画「RASEN」の最新回#16が公開となった。

kZmを擁する謎のレーベルDe-void*による初のパーティーがVISIONで開催 | JUBEE、STARKIDS、HEAVENなども出演

先日渋谷O-EASTでのワンマンライブを成功させたkZmを擁する謎のレーベルDe-void*による初のパーティーが、5/3(火)に渋谷のSOUND MUSEUM VISIONで開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。