Schoolboy Qが「史上最高のラッパー50人」のトレンドにあきれる

つい最近まで、アメリカのTwitterで流行していた「史上最高のラッパー50人」。ユーザーが各々お気に入りのラッパーを50人選ぶというもので、WaleChance The Rapperがこれについて言及していたのは記憶に新しい。そんな中、Schoolboy Qがこの流行に対し、あきれた素振りを見せている。

Schoolboy Qは今日、自身のTwitterを更新。「史上最高のラッパー50人」についてこのようにツイートしている。


「48番目に好きなラッパーがいるか想像してみろって?(笑)皆頭おかしいんじゃないか」と頭を抱える絵文字とともにツイート。さらに彼は続いて、こうツイートした。


彼は「お前らが37番目に選んだラッパーと比べて36番目のラッパーはどこが良いんだよ。うわあ、36位かってなるのか?それで誰かの23番目のラッパーにいちゃもんを付けるんだろ(笑)そういうやつは女なんていないんだろうな」とこの流行に乗った人々を痛烈に批判している。確かに、実際、50人もお気に入りのラッパーを順位付けするのは非常に時間がかかることに加え、50位と49位の差などもはやフィーリングにならざるをえないだろうことからも、Qの意見は一理ある。

その後、彼の煽りツイートに反応したユーザーがいたのだが、Qに見事に返されてしまっている。


「お前(Schoolboy Q)なんてトップ50にもトップ500にも入らねえよ。黙っとけ」というツイートに対し、Qは「こいつは女いないんだろうな(笑)」と見事な切り返しを繰り出している。

Schoolboy Qは以前にも「レビューなんてクソ食らえ」や、ニューアルバムでどうしてもチャート1位を獲得したいがために「ストリーミング数を増やす機械の名前を教えてくれ」など、かなり直球な発言を繰り返していたが、今回も相も変わらずどストレートなツイートであった。

related

A$AP Rockyの拘留を受けてTyler, The CreatorとScHoolboy Qが「スウェーデンにはもう行かない」と宣言

先日、スウェーデンにて迷惑な一般人の絡まれたことが原因で乱闘騒ぎを起こし、当局から拘留を受けているA$AP Rocky。そんな彼の状況を受けて、Tyler, The CreatorとScHoolboy Qが「スウェーデンにはもう行かない」との宣言を行った。 Complexによると、Tylerは...

Schoolboy Qが「レビューなんてクソ食らえ」と語る

先月4月26日に、約2年ぶりとなるアルバム『CrasH Talk』をリリースしたSchoolboy Q。先日には、Big Boyがホストを務めるラジオ番組『Big Boy's Neighborhood』に出演し、ニューアルバムや父親であることについて語っていた。そんな中、彼が出演するCharlamagne Tha Godとの最新インタビューのトレーラーが公開された。Big Boyとのインタビューに引き続き、このインタビューで彼は『CrasH Talk』についてはもちろんのこと、メンタルヘルスや故Mac Millerについて語っているとのこと。

ScHoolboy Qが新作『CrasH Talk』や父親であること、 ソーシャル・メディアなどについて語る

自身にとって5枚目のアルバムとなる『CrasH Talk』を4/26にリリースしたScHoolboy Qが、その前日、LAのラジオ局Real 92.3の番組『Big Boy's Neighborhood』に出演した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。