Schoolboy Qが「レビューなんてクソ食らえ」と語る

先月4月26日に、約2年ぶりとなるアルバム『CrasH Talk』をリリースしたSchoolboy Q。先日には、Big Boyがホストを務めるラジオ番組『Big Boy's Neighborhood』に出演し、ニューアルバムや父親であることについて語っていた。そんな中、彼が出演するCharlamagne Tha Godとの最新インタビューのトレーラーが公開された。Big Boyとのインタビューに引き続き、このインタビューで彼は『CrasH Talk』についてはもちろんのこと、メンタルヘルスや故Mac Millerについて語っているとのこと。

今回公開されたトレーラー映像は非常に短く、全体像をつかむことは難しいが、唯一はっきり聞き取れるのはSchoolboy Qの「Fuck the reviews, bruh. These are nerds reviewing your shit.」という言葉。「レビューなんてクソ食らえ。レビューしてる奴は全員オタクだ」と彼は言っている訳だが、いわゆるネット上で彼の作品をレビューしているオタクに対する発言だと思われる。どのような流れでこの発言が出たのかはトレーラーからのみでは判断出来ないが、彼は以前Vultureでのインタビューでも“オタク”についてこのように発言したことがあった。「あいつらは俺がシングルをリリースする度に、それを嫌うんだ。意味が分からない。とにかく、あいつらは常にイカれてるんだよ。俺がリリースしたシングルはいつもプラチナになる。俺は理解しようとしているだけなんだよ。あいつらは本当に何が嫌いなんだ?嫌いなら聴くの辞めろよ」と彼は怒りを露わにしている。

レビューというのは時として参考になるものもあるが、確かに批判的なものはアーティストにとって気分を害するものであるのは確かだろう。しかし、彼自身が言っているように彼は多くの楽曲でプラチナセールスを獲得しており、批判的なレビューをいちいち気にする必要はないようにも思える。

彼の最新インタビューのフルバージョンは現地時間水曜日の午後1時に公開されるとのこと。上記の発言の真意はどのようなものなのだろうか。

RELATED

A$AP Rockyの拘留を受けてTyler, The CreatorとScHoolboy Qが「スウェーデンにはもう行かない」と宣言

先日、スウェーデンにて迷惑な一般人の絡まれたことが原因で乱闘騒ぎを起こし、当局から拘留を受けているA$AP Rocky。そんな彼の状況を受けて、Tyler, The CreatorとScHoolboy Qが「スウェーデンにはもう行かない」との宣言を行った。 Complexによると、Tylerは...

ScHoolboy Qが新作『CrasH Talk』や父親であること、 ソーシャル・メディアなどについて語る

自身にとって5枚目のアルバムとなる『CrasH Talk』を4/26にリリースしたScHoolboy Qが、その前日、LAのラジオ局Real 92.3の番組『Big Boy's Neighborhood』に出演した。

ニューアルバムでどうしてもチャート1位を獲りたいScHoolboy Qが「ストリーミング数を増やす機械の名前を教えてくれ」と発言|リリースが被ってしまったBTSにも文句を言う

4月26日にニューアルバム『CrasH Talk』をリリース予定のScHoolboy Q。そんな彼がアルバムでどうしても全米チャート1位を獲りたいとして、なりふり構わない姿勢を見せている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。