ニューアルバムでどうしてもチャート1位を獲りたいScHoolboy Qが「ストリーミング数を増やす機械の名前を教えてくれ」と発言|リリースが被ってしまったBTSにも文句を言う

4月26日にニューアルバム『CrasH Talk』をリリース予定のScHoolboy Q。そんな彼がアルバムでどうしても全米チャート1位を獲りたいとして、なりふり構わない姿勢を見せている。

先日自身のInstagramストーリーを更新したScHoolboy Qは、「俺は以前アルバムで1位になった。また1位にさせてくれよ」と発言し、現在アルバム『MAP OF THE SOUL : PERSONA』をリリースしたBTSに対して「あいつらを知った。BTSって奴らだ。いくら売り上げたって話を聞くが、一体あいつらは誰なんだよ?あいつらは俺の小さな栄光を台無しにしようとしてる。俺はあんな風にリリースしたりしない。一週間くらいは俺に光を当ててくれよ」と叫んでいる。リリースが被ってしまったことでBTSとチャート上で争わなければならなくなったことにScHoolboy Qは不満を感じているようだ。

続けて、21 Savageの“a lot”に参加した際に「あいつらは機械でストリーミング数を稼いでる」とラップしていたJ. Coleに対し、「J. Cole、お前は機械でストリーミング数を稼げるってラップしてたよな。なあ、なんて名前の機械だよ?みんなが持ってる訳じゃないんだよ。あいつらが使っている機械の名前を教えてくれ、借りたいから。電話するからなるべく早く教えてくれよ」と、ストリーミング数を人工的に増やす方法を質問している。

確かにストリーミング数を不正に増やしているアーティストの存在はまことしやかに噂されているが、ScHoolboy Qほどのアーティストならば不正をせずともチャートで1位を獲る可能性は十分にある。数多くの熱狂的なファンを持つBTSとのチャート争いは厳しいものになりそうだが、恐らく不正などしていないBTSと同じく正々堂々と戦って欲しいものだ。

ScHoolboy Qのニューアルバム『CrasH Talk』は果たしてチャートでどれだけの成績を残すのだろうか?

related

Kendrcik LamarとJ. Coleのコラボプロジェクトの噂をTDEのトップが否定

長い間リリースの噂が囁かれ続けているKendrick LamarとJ.Coleのジョイントプロジェクト。たびたび実現を仄めかすような情報が内部から出てくることでファンの間でも期待が広がっていたが、そんな二人のコラボアルバムについてKendrick Lamarの所属レーベルTDEのボスが明確に否定を行っている。

DJ PremierがLil Uzi Vertが“Mass Appeal”のビートでのフリースタイルを拒否したことについて語る

DJ Premierと故Guruによる伝説的ヒップホップデュオGang Starr。先日、突如として約16年ぶりとなるニューアルバム『One of the Best Yet』をリリースし、各所で話題を呼んでいる中、DJ PremierがGeniusの『For The Record』に登場。リードシングル“Family and Loyalty”の制作などについて語っている。

Schoolboy Qが「史上最高のラッパー50人」のトレンドにあきれる

つい最近まで、アメリカのTwitterで流行していた「史上最高のラッパー50人」。ユーザーが各々お気に入りのラッパーを50人選ぶというもので、WaleやChance The Rapperがこれについて言及していたのは記憶に新しい。そんな中、Schoolboy Qがこの流行に対し、あきれた素振りを見せている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。