Chief KeefがNYのホテルで銃撃を受ける

現在6ix9ineとビーフ状態にあるChief Keefが、6ix9ineのホームグラウンドであるNYのホテルの前で銃撃を受けた。

幸い弾は外れたものの、W ホテルの壁から銃弾が発見されている。

警察はChief Keefを殺害しようとしたとして、関与したとみられる2人の男の行方を追っているとみられている。今回の銃撃が6ix9ineサイドの犯行とはわかっていないが、Chief Keefと6ix9ineは現在激しくやりあっており、先日も6ix9ineがChief Keefに対して「ファックChief Keef。ファックLil Reese。お前ら全員ファックだ。お前らニュージャージーで無事でいられると思うな。あそこは俺の街でもないが、俺の仲間が沢山いるんだぜ。」と挑発するコメントを出している。

RELATED

Chief Keefが現在のシーンに与えたインパクトを解説する動画が公開

デビュー以来現在のラップシーンに多大な影響を与え続けているシカゴのラッパーChief Keefを特集したビデオがGeniusにて公開された。

Chief Keefがホログラムでツアーを行う予定

Chief Keefといえば、アメリカ・シカゴを代表するラッパーの1人であり、これまで数々の警察沙汰を起こしてきたことは周知の事実であろう。そして、彼はその自身が起こした数々の警察沙汰のせいで、世界中の色々な街から出禁を食らっている。

6ix9ineがシカゴでホームレスになどに食料を支給しChief Keefなどを挑発

6ix9ineは、Chief Keefとその従兄弟のTadoeとのビーフをきっかけに、現在シカゴの多くのラッパーたちを敵に回してしまっている。そんな彼がいわばアウェーであるシカゴに乗り込んできた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。