Brockhamptonが結成されるきっかけとなったネット掲示板のスレッド

メジャーレーベルのRCAと契約を結び、先日、Coachellaにも出演した今最も勢いのある“ボーイズバンド”と言われているBrockhamptonは、ネット掲示板によって結成されたグループだというのは知られているが、グループ結成の契機となったスレッドが発見された。

Pigeons & Planesの指摘によればこのスレッドはKanye Westのファンが集まる掲示板KanyeToTheで立てられた

2018-04-20 16.04.35

harry stylesと名乗り、バンドをやらない?とスレッドを立てたのが当時14歳のKevin Abstractだ。ちなみに、Kevinがこのつぶやきをした当時2012年、彼はKevin Abstractの名で掲示板に投稿していたが、どうやらその後にアカウントの名前を“harry styles”に変えたようで今その掲示板を開くとそのように出てくる。

何個かの返信があったあとKevinは自身の作りたい音楽について、こう言っている。

スクリーンショット 2018-04-20 16.06.41
「Jimi Hendrixに影響を受けた、70年代っぽいトリッピーで狂ったようんな音楽を作りたい。そして、4曲入りのEPかなんかを作りたい」

エクレクティックなサウンドで知られるBrockhamptonだが、すでにグループ結成前から、その萌芽はあったようだ。

このあと、Kevinはメンバー候補者とできる楽器などについてなど、何度かチャットをかわし、このスレッドは終わっている。つまり、Brockhamptonはインターネットによって結成されたのである。これからの時代、さらにテクノロジーやサービスが発達し、アーティスト達も今まででは思いもよらなかった方法でつながったりコラボレーションするようになるのだろうか。

さて、先日、BrockhamptonはCoachellaでライブを披露したが、機材トラブルによって開始が遅れてしまった。Kevinはそのライブの翌日に、満足のいくライブをすることができなかったという趣旨のツイートを行っている。

しかし、その3日後彼らはロサンゼルスのThe Novoで行われる自分たちのパフォーマンスをFacebook Liveでライブストリーミング配信すると発表した。これについてKevinは、Coachellaで満足のいくライブができず、それゆえいいライブストリーミングを配信することができなかった自分たちにFacebookがチャンスをくれたと説明している。

もうすでにその配信は終了しているが、フルライブ映像がFacebookのBrockhamptonのアカウントから見ることができるので是非見てみてはいかがだろうか。

RELATED

BROCKHAMPTONのメジャーデビューアルバム『iridescence』が自身初の全米チャート1位を獲得

新世代アメリカン・ボーイバンドBROCKHAMPTONが、リリースしたメジャーデビューアルバム『iridescence』が、最新の全米アルバムチャートで初登場1位を獲得した。これまでBROCKHAMPTONの最高位は『Saturation III』で獲得した15位で、グループにとって自身初の全米1位となる。

BROCKHAMPTONがメジャーデビューアルバム『iridescence』をリリース

テキサス出身のラッパー/プロデューサーKevin Abstractを中心に結成されたBROCKHAMPTONが、メジャーデビューアルバム『iridescence』をリリースした。

BROCKHAMPTONの最新アルバム『Iridescence』が9月にリリースとアナウンス

大手レーベルRCAと契約した矢先の主要メンバーの解雇というトラブルを経ながらも、未だその勢いを止めず活動を続けるBROCKHAMPTONが4枚目のアルバム『Iridescence』を9月にリリースすると予告した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。