Dr. Dreが手がけた名曲にKendrick Lamarのラップが乗ったマッシュアップ作品『The DAMN. Chronic』

コンプトンを代表するヒップホップスターDr. DreとKendrick Lamar。同郷の2人の共演はこれまでにKendrickのアルバム『good kid, m.A.A.d city』に収録された"The Recipe"とDreが手がけた『Compton』の"Deep Water"などごくわずかだ。

もっと2人の共演を聴いてみたいというファンにとっては朗報だ、Dreが手がけた名曲のビートでKendrickがラップするマッシュアップ作品『The DAMN. Chronic』が公開された。

このミックステープを作ったのは、以前にもKanye WestとChance The Rapperというシカゴ生まれの2人によるマッシュアップ作『Chance The Dropout』をリリースしたDJ Critical Hypeだ。

彼はPigeons & Planesの取材に対して、今作の制作に1年間かけたと語っており、こう続けている。「Kendrickはたくさんのフロウ、声の種類、そしてスタイルを持っている。Dreのビートは本当に素晴らしい。おれは両者がよりドープになるように考え出した」と話すCritical Hypeだが、実際の作業は困難を極めたようで、両者の楽曲のテンポのズレなどで最初は上手くいかなかったという。

しかしCritical HypeはKendrickの60~70曲のアカペラを苦心の作業のうちに作り出し制作していったという。その結果が23曲が収録されたこの夢のようなミックステープだ。ぜひ一聴を。

RELATED

Kendrick Lamarが故Mac Millerについて「彼はいつだって笑っていた」と語る

先週、突如として報じられたMac Millerの死。ヒップホップシーンの内外からMac Millerの人柄の良さを伝えるエピソードと追悼の声が寄せられている中、今回Kendrick LamarがMac Millerとの思い出を語っている。

ポール・マッカートニーがKanye Westとこれまで共作した3曲それぞれの作曲について語る

5年ぶりのニューアルバム『Egypt Station』をリリースし、来日公演も控えているロックレジェンド、ポール・マッカトニー。『GQ』で彼のロングインタビューが公開された。インタビュー内でポールはKanye Westと共作した3曲について語っている。

Kendrick Lamarの所属レーベルTDEのCEOがアルバムリリースの噂を否定

先日Kendrick Lamarと同じくTop Dawg Entertainment(TDE)に所属するアーティストのIsaiah Rashadが、Kendrick Lamarの新作を聴いたと述べたことが話題となった。さらにTDEが今年中に少なくとも2つの作品をリリース予定ということも相まり、その1つがKendrickのものではないかという期待をファンにもたせることとなった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。