Sen Morimoto | シカゴからの新しい風

先日88risingから新曲"Cannonball"のミュージックビデオがアップロードされ日本でも話題を呼んでいるアーティストSen Morimoto。

彼は京都生まれで現在シカゴ在住の日本人アーティストである。Morimotoは10歳の頃に手にしたサックスで、ジャズをプレイすることからキャリアをスタートし、次第にKanye Westなどのシカゴのヒップホップアーティストに影響を受け、現在のようなジャズやポストロック、ヒップホップをミックスしたようなスタイルでの楽曲制作をはじめたようだ。

一人で全ての楽器を演奏し、宅録で作品を作っているということからも彼の高い技術が伺える。サックスやピアノをフィーチャーしたジャジーなサウンドと複雑なビートはFlying LotusやMndsgnなどのいわゆるビート系のアーティストを連想させる。

そこに自身の抱える強迫観念や精神的な苦痛、失恋の記憶などを歌ったエモーショナルなラップを乗せるスタイルからは現在のトラップやローファイヒップホップ周辺のアーティスト、特に同じく88risingで活動するアーティストJojiと共通するような感性を持っているように聞こえる。

MorimotoはChcago Tribuneのインタビューで誰もが持つ「一般的な不安」が自身のインスピレーションになっていると語り、こう続けている。「不安はすべてのことに影響する。それによりあなたがどのように人と交わり人を扱うに影響を与えてしまう。そこには信頼はあまりない。僕はそれを取り除こうとしているから平和にいられるんだ」

彼は現在の名義になる以前のキャリア初期にはMorimoto名義で活動し、マサチューセッツのアーティストDJ Lucasと共にレーベルDark World Recordsを設立していたようだ。

現在彼はBandcampにて二枚のEPをリリースしている他、同郷のラッパーJoseph ChilliamsやシンガーのKainaをプロデュースし、自身のSoundCloudにも新曲をコンスタントにアップロードし続けるなど精力的な活動を行なっている。

EP『It’s Late Remastered』を共に制作したラッパーQariは新曲"Pants From Japan"のMVも話題となっており、自身のみならず彼の周囲のアーティストも大きな注目を集めていることが分かる。

Sen Morimotoは現在アルバムを制作中ということだが、彼は前述のインタビューで自身の楽曲に対して懐疑的な視線も見せている。よく彼は完成しアップした曲を消してしまうのだが、それは「曲がパーソナルになりすぎている」と見えてしまうことが原因のようだ。アルバムリリースまでには時間がかかるかもしれないが、今後も彼とその周辺からますます目が離せないといえるだろう。

 

RELATED

GoldLinkが88risingと契約か

アメリカはワシントンDCを拠点に活動するラッパーGoldLinkと、Rich BrianやHigher Brothers、Jojiなどを擁する新鋭コレクティブ88risingがついに契約を結んだようだ。

【インタビュー】Sean Miyashiro | 88risingの作る「アジア」と日本との距離

Keith ApeやKOHHらの名を世界に知らしめ、アジアのヒップホップが世界的な注目を集めるきっかけとなった“It G Ma”のバイラルヒットに始まり、Higher Brothers、Rich Brian、Jojiのような人気アーティストを次々と送り出している88rising。今年の1月にZepp Tokyoにて開催された彼らのショーケースに伴い、CEOのSean Miyashiroにインタビューすることが出来た。

88risingのシンガーJojiの1stアルバムリリースが決定|先行シングル“CAN'T GET OVER YOU”のMVも公開

現在、全米ツアーの真っ最中であり、今やアジアを代表するレーベルとなった88rising。 来年1月には、初のレーベルツアーを東京・大阪で行うことも決定し、彼らの勢いはまだまだ収まらなさそうだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。