Tyler, the Creatorが一発屋のラッパーについて語る

日々新たなスターが生まれるヒップホップシーンの競争は過酷だ。1曲メガヒットがあっても、1年後にはすぐに忘れられてしまうアーティストも数多い。そんな過酷なシーンの中で7年も最前線で活動してきたTyler, the Creatorが、その状況に対して苦言を呈した。

tyler-tweet-spree-march-2018

Tylerは現在削除済みのツイートでこう述べている。「俺は7年間このゲームに身を投じてきたけど、今でもまだキャリアが始まったばかりだと感じるね。ほんとバカげてるよね。たいていのラッパーは2年くらいでキャリアを終える。1曲ビッグヒットを出して、その後は誰もそのラッパーのことなんて気にしない。だから皆、今流行りのサウンドを必死で真似しちゃうんだよね。マジで悲しいよ」と、シーンのサイクルについていくことに必死なラッパーが多いことを嘆いている。

ただ最近では"White Iverson"のPost Maloneのように一発屋と称されつつも、その後もヒットチューンを出し続けシーンに残るアーティストも存在する。Post Maloneは一発屋のサイクルから抜け出したことになるだろうか。

Tyler自身は、楽曲が初めてラジオでエアプレイされたり、今年はグラミーにノミネートされたりと着実にキャリアを上昇気流に乗せている。アーティストが成功するには、Tylerのように、いつでも“まだ始まったばかり”だと思うことが重要なのかもしれない。

RELATED

Tyler, The Creatorが中学二年生の時に聴いていた曲のプレイリストを公開

SolangeのレーベルSaint Heronによるプレイリストシリーズの最新回にTyler, The Creatorが登場し、2004年のTylerが思春期真っ只中の13歳、日本でいうと中学1年生の時に聴いていた楽曲がテーマのプレイリストを公開している。

Tyler, The Creatorがスタジオでマリファナを吸われると気が散ると語る

Fantastic Manのカバーストーリーに登場したTyler, The Creatorは、自身のセクシュアリティなどについて語っていたが、同じインタビューで彼はA$AP Rockyとの楽曲“Potato Salad”をスタジオで制作していたときのことを振り返っている。

Tyler, the Creatorが自身のセクシュアリティを明言しない理由を語る

Fantastic Manの2018 A/W号のカバーストーリーに登場したTyler, the Creatorが、自身のセクシュアリティなどについて語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。