Vince Staplesがアーリーリタイアのための資金をクラウドファンディングで募集中

日本でも多くなったアーティストのクラウドファンディングだが、普通駆け出しのアーティストが活動資金を募るために行うことが、多いがひねくれ者のVince Staplesが、正反対のクラウドファンディングを立ち上げた。

クラウドファンディングサイトGoFundMeで、Vince Staplesが募集しているのは、自分がアーリーリタイアするための生活資金。200万ドル(約2億1000万円)をゴールとしているVince Staplesは、なぜアーリーリタイアを考えているのだろうか?

 

動機を語るビデオで、Vinceは「最近のライブで多くの批判を浴びた」と語り、「永遠に黙るための資金」を募集していると明かし、こう続けた。「曲も作らない、インタビューもしない、なにもしない」とVinceは、ファンからの批判に辟易している様子を見せ、「黙るか、おれのライフスタイルに投資してくれ」と語っている。

なおVinceは資金が集まったら、カリフォルニアの高級住宅街のパームデールに引っ越し、ホンダの車を買い、拘留中の仲間に1年分のスープを差し入れ、子犬を飼うと宣言している。

2018-03-08 11.53.31

ちなみに日本のクラウドファンディングでは、投資者へのなんらかのリターンが用意されているが、それはもちろんない。このクラウドファンディングには現在1199ドルが集まっている。果たして目標金額は達成するのだろうか。

 

RELATED

Vince Staplesが「自分の音楽はMac Miller無しには有り得なかった」と話す

愛される人柄で知られていたMac Miller、多くのアーティストが追悼のコメントを発表しているが個性派Vince Staplesがコメントを発表した。

Vince Staplesがなぜ自身のツアーが赤字になりがちなのかを語る

ひねくれ者というイメージが強いラッパーのVince Staplesだが、彼の発言には何かと考えさせられるのもまた事実。そんな彼がまた興味深い話題を提供してくれた。

VInce Staplesが「誰がNワードを言うことができるか」という議論は嫌いだと主張

Kendrick Lamarが先週のライブで、ステージにあげた白人ファンが、歌詞にあったNワードを一緒に歌ったのを注意したことについて伝えた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。