Lil Uzi Vertとビーフ勃発中のラッパーRich The Kidがディス曲を公開

SNS上でビーフを繰り広げていたRich The KidとLil Uzi Vert。白熱する二人のビーフは、Rich The Kidが公開したLil Uzi Vertへのディス曲によって、さらに次のステップへ。

Instagramのライブ配信で、Rich The Kidは、DJ Mustardがプロデュースした新曲を一部公開。その歌詞は“XO TOUR Llif3”や“All them dead friends”などから引用した言葉と、“You a lil’ man, Your money gettin’ shorter”と、“Money Longer”を皮肉ってLil Uzi Vertを思い切りディスる内容であった。

そもそもビーフが勃発したきっかけはTwitter上のやりとりである。今年1月にLil Uzi Vertが『Generation Now』との契約について文句を言ったことを受けて、Rich The Kidは「Rich Foreverと契約するべきだったな」と、自身の経営するレーベルとの契約を勧めるツイートをした。

するとそれに対してLil Uzi Vertは「坊や、俺は2万ドルぽっちじゃ契約しないよ」と返信。

その後、Rich The Kidはロサンゼルスのラジオ番組『Power 106』に登場した際にLil Uzi Vertについて言及。Lil Uzi Vertと契約しなかったのは「個人的な理由」であると主張。「ビジネス的な観点で見たら契約するかもしれないけど、パーソナルな理由で彼を契約しなかったよ」と、まるで自分からLil Uzi Vertとの契約を断ったかのような発言をした。

そして先日、Lil Uzi Vertは髪を緑に染め、大きなカニを手にした自身の写真をInstagramに投稿。そのカニにはRich The Kidがタグ付けされていた。

それを見たRich The Kidは、「あら、俺の坊やLil Uzi Vertが、俺を真似しようとしている」とコメントして反応。

#RichTheKid said #LilUzi tryna be #twinsies ? What do y'all think #Roommates?

The Shade Roomさん(@theshaderoom)がシェアした投稿 -

自分のレーベルを持っているRich The Kidとはいえ、ヒット曲を多く持つLil Uzi Vertを挑発する彼を見て、「自殺行為だ」と心配するファンの声も。

今回Instagramで配信された、Rich The KidがLil Uzi Vertに向けたディス曲がリリースされるかどうかは不明。もしかしたら3/30にリリースされる彼のファーストアルバム『The World Is Yours』に収録される可能性もある。

RELATED

Lil Uzi Vertが本名のSymere Woods名義で8曲の新曲をリリースか

現在最新作に取り組んでいると言われるLil Uzi Vert。日本のアニメを参照した新曲"New Patek"も話題となっているが、他にも謎の新曲をリリースしたと言われている。

Lil Uzi Vertにパロディされ続けるカルト宗教団体「Heaven's Gate」残党が訴訟に向けて動き出す

Lil Uzi Vertの『Eternal Atake』と”New Patek”のアートワークカバーが、カルト宗教団体「ヘヴンズゲート」の著作権を侵害していると「ヘヴンズゲート」の残党メンバーが訴え、本格的に訴訟を起こすとのこと。

Lil Uzi Vertが日本のアニメのサントラをサンプリングし、歌詞にも引用した新曲“New Patek”をリリース

ニュープロジェクト『Eternal Atake』の発表が待たれるLil Uzi Vertが新曲“New Patek”をリリースした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。