TDEのプロデューサーSounwaveが『Black Panther:The Album』にはさらに大物アーティストが参加するはずだったと明かす

Bilboardチャート200で1位を獲得し、Kendrick LamarとTDEが全面プロデュースしたアルバム『Black Panther:The Album』は、既に今年のベストに入ると言っても過言ではないほどの注目作品だ。同アルバムには、SZAやSchoolboy Q、The Weeknd、Future、Travis Scott、Jorja Smithら申し分のないアーティストが参加している。

しかし、TDEに所属するプロデューサーSounwaveが、同アルバムには、KendrickやほかのTDEメンバーと新たなアーティストが参加したコラボ曲がアルバムに収録されるはずだったとHits Daily Doubleのインタビューで明かした。

インタビューの中でSounwaveは、Kendrickや残りのTDEメンバー、ある大物アーティストのコラボは忙しいスケジュールのためお蔵入りになったという。「この作品のシナリオは、私たちは世界の一部というメッセージが込められ、既に完成されていた。なので、みんな普段とは違ったアプローチでアルバム製作に挑まなければならなかった」といつも以上に時間が掛ったことが厳しいタイムスケジュールになったと語った。

KendrickとSounwaveは、DAMNツアーの合間を縫って、ツアーバスの中でビートからフックまで考え、アイデアを絞りだしていた。しかし、時間は待ってくれない。ある大物アーティストとの楽曲を製作途中でタイムリミットを迎えてしまった。Sounwaveは、続けて「俺たちは、楽曲のイメージが完成できなかったし、アルバム全体のコンセプトに合っていなかった」と最終的なお蔵入りの理由を明かした。

今回の製作にあたってSounwaveは、南アフリカの音楽を常に聴いたという。そこから得たイメージにリンクしたアーティストを選んだ。1つひとつの楽曲に選んだアーティストにはそれぞれ適切な理由があるという。

同アルバムは、今年を代表する作品なのは間違いないが、名前の明かされていない大物アーティストが誰なのか、参加していたらどういうアルバムになっていたのか考えると心残りである。

RELATED

新鋭ラッパーReasonがTDEと契約し新曲もリリース

TDEといえばカリフォルニアを拠点とするヒップホップレーベルであり、Kendrick LamarやScHoolboy Q、SZAなど今のシーンを代表するアーティストを数多く抱えている人気レーベルだ。

TDEのボスPunchが「Cardi Bは2Pacだ」というツイートの意図を説明する

先週デビューアルバム『Invasion Of Privacy』をリリースしたCardi B。 奔放な言動などで、音楽以外でも注目を集めているCardi Bには賛否両論の意見が出ているが、Kendrick Lamarなどが所属するレーベルTDEのボスPunchがCardi Bに対してTwitterで発した意見が話題となっている。

TDEがLAの子どもたち1000人を映画『ブラックパンサー』に無料で招待

TDE(Top Dawg Entertainment)のレーベルオーナー・Anthony “Top Dawg” Tiffithは、TDEとKendrick Lamarがサントラを手がけた映画『ブラックパンサー』の上映に、今週末にLAのWatts地区に住む約1000人の子供たちを無料で招待する予定であるとTMZが報じている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。