ヒップホップ黎明期の女性ラッパーRoxanne Shantéを描いたNetflixオリジナル作品『Roxanne Roxanne』のトレイラーが公開

Netflixがオリジナル映画『Roxanne Roxanne』のトレイラーを公開した。「Roxanne Roxanne」は、80年代に10代にしてクイーンズのラップ・バトルシーンに確固たる地位を確立した女性ラッパーの先駆者的存在、Roxanne Shantéについての実話を追った作品となる。

トレイラーはこちら。

 

 

Roxanne Shantéは、1984年に当時14歳でニューヨークのヒップホップグループUTFOとラジオDJのMr.MagicとMarley Marlの間ので繰り広げられていたバトルにアンサーソング"Roxanne's Revenge"で参戦し、これをニューヨークのアンダーグランドシーンで大ヒットさせている。

本作は監督をMichael Larnell、主演を本作がデビュー作のChanté Adamsが務め、また他の出演者としては『ムーンライト』で2016年アカデミー助演男優賞を受賞しているMahershala Aliなどが挙げられている。

『Roxanne Roxanne』は2017年1月に開催されたサンダレス映画祭においてプレミア上映されて以降大きな注目を集めている作品で、またChanté Adamsはこの映画祭において審査員特別賞を受賞している。

公開日は3月23日が予定されている。

 

RELATED

『コメディ映画文化祭』が来週開催 | 長谷川町蔵、山崎まどかや徳利もトークショーに登壇

12/15(土)と12/16(日)の2日間に、東京・高円寺の座・高円寺2でAfter School Cinema Club + Gucchi ’s Free Schoolによる映画祭『傑作?珍作?大珍作!! コメディ映画文化祭』が開催される。 映画祭ではアフリカン・アメリカン版『アメリカン・グ...

本日88歳を迎えたジャン=リュック・ゴダールの最新作『イメージの本』が来年日本公開決定

本日88歳を迎えた巨匠ジャン=リュック・ゴダール監督の最新作『LE LIVRE D'IMAGE(英題:THE IMAGE BOOK)』の邦題が、『イメージの本』に決定し来年のゴールデンウィークにシネスイッチ銀座他で公開されることが発表となった。

クリント・イーストウッドが年老いたドラッグの運び屋を演じる監督・主演最新作『運び屋』の日本公開が決定

88歳にして今なお精力的に作品を世に出し続けているクリント・イーストウッド。『アメリカン・スナイパー』や『15時17分、パリ行き』などに続き、久しぶりの自身の監督・主演作となる『運び屋』(原題 : 『THE MULE』)の日本公開が来年3月に決定した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。