ヒップホップ黎明期の女性ラッパーRoxanne Shantéを描いたNetflixオリジナル作品『Roxanne Roxanne』のトレイラーが公開

Netflixがオリジナル映画『Roxanne Roxanne』のトレイラーを公開した。「Roxanne Roxanne」は、80年代に10代にしてクイーンズのラップ・バトルシーンに確固たる地位を確立した女性ラッパーの先駆者的存在、Roxanne Shantéについての実話を追った作品となる。

トレイラーはこちら。

 

 

Roxanne Shantéは、1984年に当時14歳でニューヨークのヒップホップグループUTFOとラジオDJのMr.MagicとMarley Marlの間ので繰り広げられていたバトルにアンサーソング"Roxanne's Revenge"で参戦し、これをニューヨークのアンダーグランドシーンで大ヒットさせている。

本作は監督をMichael Larnell、主演を本作がデビュー作のChanté Adamsが務め、また他の出演者としては『ムーンライト』で2016年アカデミー助演男優賞を受賞しているMahershala Aliなどが挙げられている。

『Roxanne Roxanne』は2017年1月に開催されたサンダレス映画祭においてプレミア上映されて以降大きな注目を集めている作品で、またChanté Adamsはこの映画祭において審査員特別賞を受賞している。

公開日は3月23日が予定されている。

 

RELATED

DESCENDENTSの7年ぶりの来日を記念してドキュメンタリー映画『FILMAGE:THE STORY OF DESCENDENTS/ALL』の特別公開が決定

70年代末から活動を開始し、80年代のハードコア期、90年代以降のメロコア時代と40年以上に活動を続けてきたバンドDESCENDENTS/ALL。

映画『LAPSE』のSALUによる主題歌"LIGHTS"のミュージックビデオが公開

栁俊太郎​​、SUMIRE、中村ゆりからが出演する映画『LAPSE』。3篇の未来を描いた同作のSALUによる主題歌"LIGHTS"のミュージックビデオが公開された。 ミュージックビデオも映画とコラボレーションしたものとなっていて、3篇の映画とリンクするアイテムが登場する内容。 S...

スパイク・リーの最新作『ブラック・クランズマン』の予告編が公開

スパイク・リー監督の最新作で、アカデミー賞には6部門でノミネートされている『ブラック・クランズマン』の予告編が解禁となった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。