フィギュアスケートの楽曲使用料がアーティストに支払われる仕組みとは

平昌オリンピック・女子ハーフパイプで、見事金メダルを獲得したアメリカの17歳クロエ・キム選手が「競技中にMigosの"MotorSport"を聴いていたと思う」と発言したことはFNMNLでも取り上げたが、このようにオリンピック競技と音楽には意外な関わりがある。例えば、フィギュアスケートで用いられる曲は放送を通して世界中の数百万人に聴かれることにつながる。

平昌オリンピックは、フィギュアスケートにおいて「歌詞のある音楽」に合わせて演技することが認められるようになってから最初のオリンピックだ。このルール変更は若い層の視聴者の獲得を意図しているようだが、確かに馴染みのあるポップソングが流れていれば、多くの人とって競技がより身近なものに感じられるようになるだろう。

さらに、New Yortk Timesによれば、アーティストたちは楽曲が使用されるごとにラジオの使用料のような仕組みでロイヤリティーを得ることになっているようだ。

というのも、オリンピックは「ライブ・イベント」であるため、選手たちは楽曲を使うための許可を曲ごとに取る必要がない。このため、競技会場や通信会社は包括使用料といった形で楽曲使用料を支払っており、またミュージシャンサイドはこの包括使用料から自らの楽曲の再生回数に応じた配分を受け取っているのだ。

アーティストが得られるロイヤリティーの額で考えると、フィギュアスケートにおいて楽曲が使われることは、映画やドラマに比べると小さなものになるだろう。しかしながら、スポーツにおける素晴らしいプレイと共に流れた楽曲は人の心に残り続けるというのもまた事実だ。

23歳のフランスの選手、Maé-Bérénice Méitéは今年の団体戦において、Beyoncé の"Run The World (Girls)" と"Halo"を使用し、その美しい衣装とともにゲームにおけるスターになったと話題だ。彼女の演技の様子もチェックしてみて欲しい。

 


(辻本秀太郎)

RELATED

2018年のアメリカにおけるライブ音楽ビジネスに関する調査が発表|アメリカ人の半数以上が何らかの音楽イベントに参加

昨日、データ分析会社のNielsenが2018年におけるアメリカのライブ音楽ビジネスの分析結果を公開した。

EUや日本で相次いで著作権法が改正 | DJやYouTubeチャンネルが影響を受ける可能性も

EUの議会にて今年の9月に可決、承認された「著作権新指令案」。現行の著作権法をさらに強化したこの法案は世界中で議論の対象となっているが、これについてYouTube音楽部門の責任者であるLyor CohenがBillboardのインタビューにて警鐘を鳴らしている。

Kris WuのアメリカのiTunesでのセールスが不正に操作された疑いでデータ会社が調査に乗り出す

EXOの元メンバーであり、現在はKris Wu名義で活動を行っている中国人シンガーのウー・イーファン。 以前リリースした“Deserve”ではTravis Scottをフィーチャリングに迎え、見事アメリカのiTunesで1位を獲得した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。