平昌オリンピックのスノーボード女子ハーフパイプで金メダルを獲得したクロエ・キム選手が競技中にMigosを聴いていたと語る

MUSIC  2018.02.14  FNMNL編集部

先週から開催されている平昌オリンピックで、昨日スノーボード女子ハーフパイプ競技が行われ、アメリカの17歳クロエ・キム選手が初出場で見事に金メダルを獲得した。

クロエ選手は競技中に音楽を聴いていたようで、競技後のインタビューでその楽曲がなんだったかが話題になっている

クロエ選手は金メダルを獲得した3回目の競技中に、「Migosの"Motorsport"を聴いていたと思う」と答えている。また1回目ではLady Gagaの"Paparazzi"を聴いていたと明かしている。

しかし競技に集中するあまり、記憶が曖昧になっているのかクロエ選手は別のMSNのインタビューでは「曲は覚えていない、とてもぼんやりとしていたから。でも多分Lady Gagaの"Paparazzi"かBritney Spearsの"Toxic"かもしれないし、もしかしたらLana Del Reyかも」と回答している。

クロエ選手のどちらのコメントが正しいのかは、本人のみぞ知るといったところだが、Migosの方が今っぽくていい感じがするのではないだろうか?

MUSIC

FASHION

CULTURE