Cardi Bは"Bodak Yellow"のミュージックビデオ撮影でチーターに襲われかけていた

Cardi Bを一躍トップラッパーの座に押し上げたビッグチューン"Bodak Yellow"。ドバイで撮影されたミュージックビデオの制作の裏側について、ディレクターのPicture PerfectがGeniusの動画インタビューに答えている。

Picture Perfectはドバイで撮影することになったのは、Cardiがちょうどドバイに行く予定になっていたためだと説明した。

ドバイで撮影するということでCardiは、ビデオも現地のカルチャーを取り入れたものにしたいとPicture Perfectに伝えたという。なのでビデオにはラクダに乗るシーンなども出てくるが、最も大変だったのはチーターとの撮影シーンだという。

Picture Perfectは「使わなかったシーンだけど、そのシーンではチーターがCardiに襲いかかろうとしていた」と、チーターの獰猛さを明かした。

本来なら車にチーターとCardiが一緒に乗り走り回る予定だったが、時間の関係と「Cardiがチーターを信用していない」という理由でキャンセルになった。ビデオの本編ではチーターはおとなしく座っているように見えるが、これは3キロ近くの鹿の肉を食べたあとで、チーターが満足しているときに撮ったもので、だからCardiはチーターの頭に手を置くことができたと、Picture Perfectは話している。

Cardiがチーターに襲われかけているシーンも収録されたインタビューはこちらから見ることができる。

RELATED

Cardi Bが「数字は嘘をつかない」とNicki Minajをディス│夫のOffsetもビーフに参加

Travis Scottとの問題も解決しないまま、新たに始まったNicki MinajとCardi Bのビーフ。Cardi BはNicki Minajによる「同情と賄賂でキャリアを築いた」などのディスや娘のKultureちゃんの育て方に文句をつけられたことに耐えきれなかったのか、先日開催されたICON’Sパーティにて靴を投げつけ、とうとう取っ組み合いの喧嘩に発展してしまった。

Cardi Bをテーマにした社会学のカンファレンスが開催

黒人社会学者協会(Association of Black Sociologists)が毎年開催するカンファレンスイベントが今年はCardi Bをテーマにした。社会学的観点でCardi Bを見た社会学者達によるトークイベントと討論会である。

Cardi Bが元マネージャーを訴える

先日、自身の楽曲“I Like It”が全米シングルチャート1位を獲得し、史上初めて複数の楽曲で1位になった女性ラッパーとして大きな話題を呼んだCardi B。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。