SoundCloudチャートで音源が聴かれなくても1位を獲得する巧妙な方法

元々はダンスミュージックのプロデューサーやDJのためのプラットフォームとして成長していたSoundCloudが、ヒップホップシーンで注目を集めるようになったのはここ最近のことだ。Lil Uzi VertやLil PumpやSmokepurpp、故Lil PeepなどいわゆるSoundCloudラッパーと言われる、SoundCloudで注目を集め羽ばたいていくラッパーが多く登場している。

次にブレイクしそうな若手ラッパーを探すためには昔はミックステープサイトが主戦場だったが、今はその舞台がSoundCloud上に移り変わっている。

ブレイクの近道であるSoundCloudで注目を集めるためには、どんな方法も使うと考えるラッパーがいてもおかしくはないだろう。

イリノイの若手ラッパーComethazineの新曲"Bands"がSoundCloudの再生回数ランキングのトップに登場したのは先日のことだ。この新曲はこれまでのComethazineの楽曲のなかでも極めて多い10日で再生回数100万回を記録していた。これでComethazineは一躍次のスター候補に上り詰めたと思ったが、実はこの再生回数は"Bands"によって得られたものではなかったとRedditユーザーが指摘している。

このユーザーは"Bands"の再生回数が明らかに不自然であることに疑念を抱き、調査したところ、この楽曲をアップしていたアカウントSoundClout(現在は削除済み)は、10代の注目ラッパー YBN Nahmirの"Bounce Out With That"をアップ。

100万回以上の再生回数を数え、ランキングトップになったところで、SoundCloudのオプション機能である楽曲差し替えを使用し、Comethazineの"Bands"に楽曲を入れ換えたのだ。

ただしこの場合でも再生回数などはそのまま引き継ぐので、YBN Nahmirの"Bounce Out With That"が稼いでいた100万回以上の再生回数を、"Bands"が獲得し、そのままランキングにも掲載されたのだ。

この操作にユーザーが気付き始めたところで楽曲は取り下げられたが、なぜこのようなことが行われたのだろうか?

Comethazineの所属レーベルであるAlamo Recordsの代表者にPigeons & Planesが取材したところ、「Comethazineはどんなやり方をしても再生回数を得ることを望んでいて、ただふざけてやった結果だと我々は考えている」とコメントしている。

確かにこの方法は巧妙だとは言えるが、バレてしまったらComethazineの今後にも響くことになってしまうのではないだろうか?

Comethazineの"Bands"は、その後本人のアカウントにアップされているので、こちらで聴くことができる。現在の再生回数は22万回だ。

RELATED

2018年のアメリカにおけるライブ音楽ビジネスに関する調査が発表|アメリカ人の半数以上が何らかの音楽イベントに参加

昨日、データ分析会社のNielsenが2018年におけるアメリカのライブ音楽ビジネスの分析結果を公開した。

EUや日本で相次いで著作権法が改正 | DJやYouTubeチャンネルが影響を受ける可能性も

EUの議会にて今年の9月に可決、承認された「著作権新指令案」。現行の著作権法をさらに強化したこの法案は世界中で議論の対象となっているが、これについてYouTube音楽部門の責任者であるLyor CohenがBillboardのインタビューにて警鐘を鳴らしている。

Kris WuのアメリカのiTunesでのセールスが不正に操作された疑いでデータ会社が調査に乗り出す

EXOの元メンバーであり、現在はKris Wu名義で活動を行っている中国人シンガーのウー・イーファン。 以前リリースした“Deserve”ではTravis Scottをフィーチャリングに迎え、見事アメリカのiTunesで1位を獲得した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。