医療用大麻の合法化は犯罪率減少の効果があるという研究結果が発表される

先日公表された調査によると、医療用大麻の合法化は凶悪犯罪を減らす効果があることが判明した。

メキシコと隣接している州は、医療用大麻が合法化されると凶悪犯罪の数が約13%減少するという研究結果が発表された。

イギリスの新聞『The Guaridan』によると、米国で消費される大麻の大部分はメキシコから輸入されたものだという。合法化されたアメリカの大麻が市民に出回ると、メキシコからの麻薬密売を防ぐ効果があるそうだ。麻薬密売の組織はコカイン、覚醒剤、ヘロインなど他の麻薬も輸出しているが、米国では大麻が最も流通している麻薬である。そして、大麻が麻薬密売組織にとって最も利益率の高い麻薬である。1ポンドの大麻は約6千ドルで売買されるが、生産には75ドルほどしかかからないという。

研究グループは1997年から2012年にかけて収集された調査データを分析。カリフォルニア州では犯罪行動に大きな変化が起こっているとのこと。カリフォルニア州が医療用大麻を合法化してから15%凶悪犯罪が減少したそうだ。強盗が19%、殺人が10%減少と、様々な犯罪の中でもこの2種が急激に減少していることが判明。

さらに驚くことに麻薬売買に関連する殺人は41%減り、約半分にまで減少。

しかしながら、大麻が合法化されても犯罪率にあまり影響の出ていない州もある。アリゾナ州は米国の中で最も変化の少なかった州であり、医療用大麻が合法化されてから麻薬関連の犯罪は7%しか減らなかった。

今回の研究メンバーの一人であるEvelina Gavrilovaは「こんなにも結果が明らかなので、大麻を違法とするより、合法化し税収を得たほうがよい」と主張する。そして、医療用大麻を生産する農場は、メキシコの麻薬密売組織の競合相手となり、麻薬密売組織の資金源を断つことができるという利点があると述べている。

RELATED

A$AP Rockyが「クリエイティビティのためにドラッグに頼るアーティストは才能が無い」と語る

ヒップホップとドラッグは切っても切り離せない関係にある。2017年のLil Peepや昨年のMac Millerの死をきっかけに改めてドラッグを見直す動きが生まれたことは確かだが、依然としてリーンやオピオイドといったドラッグはシーンに蔓延している。そんな中、A$AP Rockyがドラッグの使用をやめて素面のままでいることを試しているという。

マリファナ販売サイトが閉鎖中のアメリカ政府機関の職員に無料で医療用マリファナを提供

アメリカでは昨年末より現在に至るまで、トランプ大統領による政府の一部閉鎖が続けられている。その影響で政府の職員は一ヶ月近くの間無給での労働を強いられており、Cardi Bが抗議を行うなど様々な方面から批判の声が寄せられている。そんな中、日本では予想も出来ない方法で連邦政府職員をサポートしようとする者が現れた。

タイで医療用大麻の使用を認める法案が可決され東南アジア初の容認国に

以前、タイの国会において医療用大麻の使用を認める法案が提出されたことを報じたが、昨日、無事法案が可決された。これによりタイはアジア初の容認国となる。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。