デトロイトハウスシーンの新星Jay Danielのマイクラシックな10曲

2013年にデトロイトハウスシーンのトップアーティストTheo Parrishが主宰するレーベルSound SignatureからデビューしたJay Danielが、1/20に表参道・Ventで来日公演を行う。

鮮烈なデビュー以後もKyle Hallのレーベルからのリリースや、日本を含め世界各地へのツアーを行い、2016年にはNinja TuneのサブレーベルであるTechnicolourから初のフルアルバムをリリースを行うなど目覚ましい活躍を行ってきた。

進化を続けるデトロイトサウンドの正統後継者Jay DanielがFNMNLに、自身の生まれたデトロイト産の楽曲を中心にクラシックチューン10曲をチョイスしてもらった。あまり多弁ではないという彼のチョイスにフィールしたら、ぜひパーティーに遊びに行ってみてはいかがだろうか?

Jay Danielのマイクラシックな10曲

1. Moodymann - "Black Mahogani"

コメント
クラシックなムードがある。

2. Kyle Hall - "Teacher Plant"

コメント
デトロイトの偉大なプロデューサーの1人による新作だ。

3. Theo Parrish - "Solitary Flight"

コメント
レジェンドによる2002年のリリースだ。

4. Carl Craig - "Sparkle"

コメント
Carl CraigのレーベルPlanet Eのクラシックだ。

5. Glenn Underground - "7 Minutes of Funk"

コメント
扉を開く鍵だ。

6. Marcellus Pittman - "Razz 09"

コメント
おれが最初に他のプロデューサーからもらったレコード。

7. 3 Chairs - "All Over"

コメント
デトロイトの3人の英雄によるクラシック

8. John FM - "And Then Leave"

コメント
デトロイトの新鋭プロデューサーによる最新作。

9. Risk Sound System- "The Sound Is Ours (Kerri Chandler Remix)"

コメント
NYクラシックだ。

10. Chez n Trent- "Morning Factory"

コメント
ミッドウェストのクラシックだ。

Info

VENTバナー20170120SQ_FULL

- JAY DANIEL -
DATE : 1/20 (SAT)
OPEN : 23:00
DOOR : ¥3,500 / FB discount : ¥3,000
=Room1=
JAY DANIEL (Watusi High -Detroit) Toshiyuki Goto
KIKIORIX
Koudai (tite-line / Mullet)
=Room2=
MOC (Jazzy Sport)
WASSUPSKI (Jazzy Sport)
Water Works (Konida, Koko Miyagi & JR) Funktion crew (Yudaini, Haruki, Taiki & Tikini) Kazuho (Remedy)
※VENTでは、20歳未満の方や、写真付身分証明書をお持ちでない方のご入場はお断りさせて頂いております。ご来場の 際は、必ず写真付身分証明書をお持ち下さいます様、宜しくお願い致します。尚、サンダル類でのご入場はお断りさせ ていただきます。予めご了承下さい。
※Must be 20 or over with Photo ID to enter. Also, sandals are not accepted in any case. Thank you for your cooperation. VENT:http://vent-tokyo.net/schedule/jay-daniel/
Facebookイベントページ:https://www.facebook.com/events/1971676563157611/

jp-0119-1052733-1060215-front

Compufunk Records 21st Anniversary Party

Date / Friday 19 Jan 2018
22:00 - 05:00
Venue /
Compufunk Records
Kitahama bld 2F, 1-29 Kitahama Higashi, Chuou-ku, Osaka, 540-0031 Japan

DJ: Jay Daniel, DJ Ageishi, TeLL (ClapHands), TAKE (Vibes)
VJ: catchpulse
PA: Kabamix

RELATED

【特集 朝霧JAM】FNMNL編集部がオススメする新しい可能性を感じさせる5組

いよいよ今週末10/6(土)~10/7(日)に開催される朝霧JAM。富士山麓 朝霧アリーナ・ふもとっぱらという絶好のロケーションの元で、ベテランから新鋭まで、バンドやヒップホップアクト、ダンスミュージックシーンの気鋭のプロデューサーまで、バランス良いアクトが一堂に会するのは朝霧JAMならでは。

朝霧JAMにも出演するデトロイトハウスシーンの雄Jay Danielの東京公演も決定

デトロイトの次世代ハウスプロデューサー・DJとして注目されているJay Daniel。朝霧JAMにも出演する彼が、10/7(日)に東京・渋谷Contactで東京公演を開催する。 母親はCarl Craigの楽曲で歌っていたシンガーのNaomi Danielという由緒正しいルーツを持つ彼は、盟友...

Kyle HallとJay Daniel、デトロイトの気鋭によるパーティー『FUNDAMENTALS』が日本上陸

アメリカ有数の音楽のメッカであるデトロイトが生んだ新時代の逸材、Kyle HallとJay Danielが地元で開催するパーティー『Fundamentals』が日本に初上陸する。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。