XXXTentacionの物議を醸したメジャーレーベルCapitolとの契約は経営陣のトップダウンで決定された

昨年10月に元ガールフレンドへの暴行事件など様々な法的トラブルを抱えたままのラッパーXXXTentacionが、メジャーレーベルのCapitol Recordsと契約をしたことは、音楽業界に波紋が広がった。

Los Angeles TimesがXXXTentacionをテーマにした特集記事を掲載、その中でCapitol Recordsの経営陣がXXXTentacionとの契約を望んだという記載がある。

XXXTentacionとCapitolの契約についてはジャーナリストなどからも、「Capitolにはビジネスセンスがない」という意見や、「音楽業界への試練」という意見が記事内でも紹介されているが、Capitolの経営陣がXXXTentacionとの契約を強く求めたと報じられている。

社長と重役による会議でXXXと契約することで、Capitolがヒップホップの売り上げシェアの拡大につながるという理由で、スタッフたちからは疑問の声が上がる中で契約に踏み切ったというのだ。

その後の展開はご存知の通りXXXは一度はCapitolと契約を締結したものの、その後一方的に破棄し、一時は音楽シーンからの引退も宣言。また暴行事件の余罪により、再度収監、現在は自宅監禁の状態に置かれている。

RELATED

XXXTentacionがDVを示唆する発言をしているテープが流出

今年6月に銃撃され、20歳の若さでこの世を去ったXXXTentacion。彼といえば、死後も多くの音源やMVが発表されていることからも分かるように、独特の音楽性や死生観が特徴の1つだったが、生前の数々の犯罪歴もまた彼の特徴の1つであった。

Vic Mensaが故XXXTentacionをBET Awardsでのフリースタイルにて批判

先日開催されたBET Awardsにて、故人ながら「Best New Artist」賞を受賞したXXXTentacion。彼がこの世を去って以来生前の彼を評価する声が多く上がっているが、そんな中常にシーンを冷静な目で批評し続けてきたシカゴのラッパーVic Mensaが、公の場でXXXTentacionを批判した。

Lil Wayneが『Tha Carter V』に参加したXXXTentacionを当初知らなかったと話す

先日リリースされた、Lil Wayneによる「Carter」シリーズの最新作『Tha Carter V』。Travis Scott、Nicki Minaj、Kendrick Lamarなど様々なゲストを迎えた同作の中でも、今年の6月にこの世を去ったXXXTentacionをフィーチャーした"Don't Cry"は特に大きな注目を集めた。しかし今回、Lil Wayneがアルバムを制作していた当初XXXTentacionが誰かを知らなかったことを明かしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。