2017 Best Or Worst by ANI(スチャダラパー)

2017年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらい激動の2017年を回顧する。

スチャダラパーMCとしての活動を中心に、ナレーター・DJなど、存在、立ち位置、動向が様々な業界から常に注目を浴びているANIによる2017年のベストは?

2017 Best by ANI

川崎フロンターレ Jリーグ優勝

IMG_7280

IMG_7281

IMG_7282

IMG_7283

コメント
川崎出身の自分は2005年にJ1に復帰してから、ほぼ毎年1型、オフィシャルTシャツのデザインをしてるんですが、なかなか優勝しなくてもう優勝したりすることはないのかなぁ、なんて思ってた矢先の優勝なんで、ビックリしたり、嬉しかったり。
川崎といえばその昔、川崎球場があった頃にはロッテオリオンズ(現在の千葉ロッテマリーンズ)が本拠地として活動してたりしたけど、(その前は大洋ホエールズのホーム球場だった)優勝には縁のないチームでいつ行ってもガラガラな印象しかなかったんです。

プロスポーツのチームが優勝するなんてマジで奇跡が起きたとしか言いようがないんです。大袈裟じゃなくて。東京と横浜という大都市に挟まれて、なんか地味な印象しかない街です。京浜という言い方が表してる通り、挟まって省略されてしまうんです。そんな川崎市ですがやっとプロスポーツチームが優勝したんです。嬉しいです。最近はなかなか試合を見に行けてないけど、また見に行きたいな。

2018年の告知
2018年4月8日(日)に日比谷野外大音楽堂で『スチャダラパー・シングス』を開催します。

ANI(スチャダラパー)

ANI2017

スチャダラパーMCとしての活動を中心に、ナレーター・DJなど、存在、立ち位置、動向が様々な業界から常に注目を浴びている。
俳優としては、2015年にTBS系時代劇「水戸黄門スペシャル」、赤塚不二夫生誕80周年記念舞台「レッツラゴン」に出演し話題を集める。
2016年7月29日公開の映画「シン・ゴジラ」に出演。写真では、2008年6月に人生初となるギャラリー写真展「スチャダラパー ANI 展」を開催。
この個展をきっかけに、2009年3月リトルモアより、写真集「ブリングザノイズ」を出版。グループとしては、デビュー25周年となる2015年にアルバム『1212』をリリース。2016年4月には日比谷野外大音楽堂で『スチャダラ2016 ~LB 春まつり~』を開催し、ミニアルバム『あにしんぼう』をリリース。
2017年に『ミクロボーイとマクロガール/スチャダラパーとEGO-WRAPPIN’』、『サマージャム2020』の2曲を発売。
2018年4月8日(日)に日比谷野外大音楽堂で『スチャダラパー・シングス』を開催する。

http://www.schadaraparr.net/

RELATED

スチャダラパーのANIとSEX山口によるトークショー『談話室044 年末特大号2018』が開催決定

川崎生まれ川崎育ちのスチャダラパーのANIとSEX山口による翌日に残らないのどごしすっきりなトークイベント『談話室044 年末特大号2018』が、12/26(水)に東京・恵比寿LIQUIDROOM 2FのTime Out Cafe & Dinerで開催される。

デトロイトのヒップホップ大使House Shoesの来日パーティーが本日中目黒Solfaで開催 | MUROやAFRA、ANIなども出演

盟友Jay Dillaと共に長きにわたり活動を続けてきたデトロイトのヒップホップ大使House Shoesの来日パーティーが本日、中目黒Solfaで開催される。 Jay DillaにMadlibを、Peanut Butter WolfにGuilty Simpsonを紹介するなどヒップホップシー...

2017 Best Or Worst by Giorgio Blaise Givvn

2017年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらい激動の2017年を回顧する。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。