MigosやLil Yachtyとビーフ中のJoe Buddenがきっかけとなった人気番組『Everyday Struggle』を降板へ

Joe BuddenがComplexの人気番組『Everyday Struggle」のパーソナリティーを降板することが発表された。この番組がきっかけとなったMigos & Lil YachtyとBuddenの間でのビーフにも、影響があるかもしれない。

先日、QuavoとLil Yachtyによる強烈なBuddenへのディス曲"Ice Tray"のMVが公開された。この撮影のためにBuddenや他のキャストのそっくりさんを登場させるところにも根深い執念を感じる。

ここまで大きくなったこのビーフだが、元を辿れば『Everyday Struggle』のMigosへのインタビュー中にBuddenがマイクを放り投げ、中断させた事件から始まっている。

Complexは今回の降板について、彼の生まれたばかりの赤ちゃんのためであるとし、2018年はBuddenはパーソナリティーに含まれないことを説明した。

しかしこの件に対してBuddenは不満に思っているらしくツイッターにてこう説明している。

「俺はEveryday Struggleを作った。もし必要なら他のショウを作りたいね。誠意なく行動するようじゃ何も作れない。」

They didn’t give me a proper goodbye either. INJUSTICE!!!!!! https://t.co/ygMuYvuTL5

— Joe Budden (@JoeBudden) December 19, 2017

「満足いく別れができなかった。不公平だ!」

「俺は育休するわけではない。Complexは生まれて3日の子供を使うのをやめるべきだ。」

一連の動きからMigosやLil Yachtyとのビーフが大きくなりすぎてしまっているように感じる。今回のBuddenの降板はどのようにこのビーフを変化させていくのだろう。Migosの反応が楽しみである。

RELATED

ビーフ中のLil YachtyとJoe Buddenによるドッジボール対決が実現へ

一旦は鎮火したとみられていたMigos & Lil YachtyとJoe Buddenの間でのビーフは、MigosとYachtyの所属レーベルQuality Controlのコンピレーションの収録曲でQuavoがBuddenをディスしたことで再燃。

MigosがJoe Buddenのディス曲のミュージックビデオにBuddenのそっくりさんを出演させる

Migosが先日リリースされた所属レーベルQuality Controlのコンピレーションに天敵Joe Buddenへのディス曲を収録したことは伝えた。

Migosに曲の中でディスられたJoe Buddenがリアクション

先日、天敵であるJoe Buddenへのディス曲を、彼らの所属レーベルQuality Controlのコンピレーションアルバムのプレビューで公開したMigos。これに対し、ディスられたJoe Buddenがこの騒動について語った。MigosとJoe Buddenのビーフの詳細については先日のこちらの記事で確認していただきたい。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。