ビーフ中のLil YachtyとJoe Buddenによるドッジボール対決が実現へ

一旦は鎮火したとみられていたMigos & Lil YachtyとJoe Buddenの間でのビーフは、MigosとYachtyの所属レーベルQuality Controlのコンピレーションの収録曲でQuavoがBuddenをディスしたことで再燃。

その影響かはわからないがBuddenはComplexによる人気番組『Everyday Struggle』を降板することになってしまった。

そんな中TwitterでYachtyはある提案を行った。

Yachtyは「わお、おれは他のラッパーとドッジボール対決がしたいんだ。誰かおれのチームと対決する気はない?」とツイートした。この投稿は特にBuddenに対して言ったものではないようだが、ここでBuddenが、まさかのリアクション。

BuddenはYachtyに対し「ドッジボールでズタボロにしてやる」とリプライを行い、Yachtyもそれに対し「マジで?ドッジボールをやろう」と快く受け入れた。

BuddenはYachtyを泣かせてやると、やる気満々だ。

その後Buddenはこの対決を生放送してくれるストリーミングサイトを探そうとYachtyに提案。

その提案に対しDiddyが自身の所有する音楽TV局「Revolt TV」のアカウントと共に興味がありそうなツイートをするなど、この対決企画はにわかに本格化しそうだ。

YachtyチームにはMigosの3人もどうやら参加するようで、このドッジボール対決でビーフに決着がつくかもしれない。続報を待ちたい。

RELATED

Swae LeeがDrakeとのコラボ曲を批判したJoe Buddenに対し反論のビデオメッセージを発表

先日、Drakeとのコラボ曲“Won’t Be Late”をリリースし話題を呼んだSwae Lee。そんな彼と、Lil Yachtyを始め若手のラッパーと度々ビーフを起こすことで知られるJoe Buddenとの間にトラブルが発生しているようだ。

Lil Yachtyが「DJの技術をマスターしたい」と語る

先日は「Wu-Tang Clanのようなラップグループを結成したい」と発言し、またA$AP Rockyの逮捕をめぐる問題について「下院議員になりたい」と語ったことも話題を呼んだLil Yachtyが、今度はDJの方に興味を示しているようだ。

Lil Yachtyが「トランプ大統領は本気でA$AP Rockyを解放させようと思っていない」と苦言を呈す

今月初めにスウェーデンで迷惑な一般人二人に絡まれて乱闘騒ぎを起こし、その結果逮捕され数週間に及ぶ勾留を受けているA$AP Rocky。Kanye WestとKim Kardashian夫妻の呼びかけに応えトランプ大統領がスウェーデン首相との電話会談を行うなど国家レベルの事態となっている今回の騒動について、Lil Yachtyがコメントを発表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。