2017 Best Or Worst by 粗悪ビーツ

2017年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらい激動の2017年を回顧する。

ビートメイカーで今年は自身のレーベル粗悪興業から、全曲自身のプロデュースによるMinchanbabyの3rd Album 『たぶん絶対』をリリースした粗悪ビーツの今年のベストは?

2017 Best by 粗悪ビーツ

稀勢の里横綱昇進

コメント

大相撲ファンになり15年以上が経過しましたが、これまでで一番嬉しかった出来事だったのでベストとしてあげました。

僕が稀勢の里の取組を見るときは正座・祈りながらが基本なんですが、そこまでするようになった理由はというと、年齢が同じで勝手に親近感を持っていたことと、自分よりも強い相手に何度負けようが向かっていくところに鼓舞されたからです。

他にもあります。
稀勢の里は潜在能力は抜群なのにプレッシャーに弱く、優勝が見えてくると途端に格下に負けることが結構な頻度であります。
そんな時はこちらもひどく落ち込むのですが、優勝が遠いてしまった翌日、プレッシャーから解放された途端に横綱相手に圧勝したりします。
このギャップがたまらないのです。

何年も大関の地位で相撲を取り続けてた稀勢の里ですが、2016年に入ると成績が安定し始めます(2016年より前の数年間は、暫く見てなかったのでこの辺は違ってたらすみません)。
毎場所(大相撲は2ヶ月に1回開催されます。1回につき15日間あります)13〜10勝するようになります。
ファンの間でも横綱いけるんじゃないかと期待が高まるのですが、毎場所いいところまで行っては負けてしまうを繰り返しました。
史上最強との呼び声高い白鵬がいるので横綱になる最低条件の優勝ができないのです。
昨年は優勝できそうでできないというファンにとってはフラフラになるような1年間でした(毎場所優勝がかかる一番の前日は、取組の夢を見ては魘されて起きるという経験をしていました)。
しかし、個人的には2016年11月開催の九州場所で次のステージに進んだなと感じました。
というのも、3人いる横綱全員に勝ったからです。この場所も格下に負けてしまったため優勝はできませんでしたが、2016年の総決算と言える場所だったと思います。
そして、この年は一度も優勝したことがないのに年間最多勝を取るという偉業を成し遂げました。
それくらい安定感の出てきた1年でした。

今年はどうなるかと思って見ていた1月開催の初場所。
稀勢の里は前半戦を無傷で終えたのですが、後半戦でいつもの緊張からか琴奨菊(あまり好調ではなかった)に負けてしまいます。
白鵬がジリジリ追い上げてきてたので(確か前半戦で2敗していた)、また今場所もダメかと思った14日目。

現在、不本意な形で注目をされている貴ノ岩が、星の差2つで追いかけてきた白鵬を寄り切って勝ちました。
※白鵬が負けたことで千秋楽での稀勢の里との直接対決に勝ったとしても、稀勢の里の方が勝利数が多くなります。

ついに、初優勝が決まりました。
稀勢の里がインタビューの時に流した一筋の涙を、僕は一生忘れることはありません。

初優勝の翌場所には、大怪我をしながらの大相撲史に残る逆転優勝を成し遂げました。
しかし、その後は怪我が治ってないのに出場したため、案の定負けが込み途中休場や全休を繰り返してしまい、残念ながら次回出場する時は「進退」をかける、つまり、好成績を残せなかったら引退を迫られるまでになりました。
稀勢の里とファンにとっては天国と地獄の両方を味わうことになった2017年でした。

来年の告知

今年は、Minchanbabyのアルバム『たぶん絶対』をおかげさまでリリースできました!聴いてくださった皆様本当にありがとうございました!
生きていると想像もしなかったことが起こるもので、毎年素晴らしい出会いがあります。
今年は、DJの D-STREAMさんが発表されていたGUCCI MANEオンリーミックスが素晴らしくてツイートしたのがきっかけで仲良くなることができました。
そこからDストさんのEPにトラックで参加させてもらうことが決まり、現在制作中です!
来年リリースできるかと思いますので楽しみにしててください!
前から気になってたムニさんや、汁太郎さんアチャカさんとも出会うことができたりと、本当にいい1年だったと思います。
さてさて、2018年の粗悪興業のリリースはこんな感じでいきます!

・粗悪ビーツ 2ndアルバム『ハイパー・ドラゴン(仮)』

・DEKISHI 2ndアルバム『デンジャラス・ドライバー・テンリュウ』

最後に、Vincent Radioにて阿部周平さん、Wardaaさんと3人でやった『粗悪興業通信ラジオ版』も好評だったので続けていきま〜す!

来年も粗悪興業をよろしくお願いします!

粗悪ビーツ

soakubeats

2012年からDTMを使った作曲を開始。
同年自主レーベル「粗悪興業」を設立し、第1弾として自身の1stアルバム『Never Pay 4 Music』をリリース。
ECD,OMSB,MARIA,Cherry Brown,DEKISHI 等が参加する全曲ラップ入りのデビューアルバムは、当時無名だったにも関わらずシーンに衝撃を持って迎えられた。
特にECDをフィーチャーした楽曲"ラップごっこはこれでおしまい"が話題となり、JETSET RECORDSより12インチとしてリリースされた。
2013年にはレーベルメイトであるDEKISHIの1stアルバム『No Country 4 Young Men』、2014年には史上初となる幽霊ラッパーonnenの1stアルバム『No More Void 4 Lonely』、2015年には入江陽との共作『激突!〜愛のカーチェイス〜(7inch)』をリリース。
さらに、2016年にはdodoを全曲フィーチャーした1st EP『FAKE』をリリース。
itunes ヒップホップ部門で1位を獲得。
2017年9月には、Minchanbaby 3rd Album 『たぶん絶対』をリリース。
2018年は粗悪ビーツ、DEKISHIの2nd Albumをリリース予定。
また、ファン限定メールマガジン『粗悪興業通信』も発行しており、精力的な活動が続いている。
soakubeats@gmail.comまで「粗悪興業通信送ってね」とメールすれば購読(無料)可能

RELATED

粗悪ビーツのニューアルバム『Crude』から徳利をフィーチャーした"Elaiza"のミュージックビデオ

明日リリースの粗悪ビーツのニューアルバム『Crude』から、ON AIRのメンバーの一人でラッパーとしても活動する徳利をフィーチャーした"Elaiza"のミュージックビデオが公開された。

粗悪ビーツの最新作『Crude』からNALLYをフィーチャーした"No Limit"が先行公開

プロデューサーの粗悪ビーツによる6年ぶりとなる自身名義のアルバム『Crude』が、10/24(水)にリリースされる。

TENG GANG STARRがデビュー作『ICON』を9月にリリースへ | Minchanbaby、Seiho、粗悪ビーツ、Lil'Yukichi、LISACHRISなどが参加

kamui(3-i)となかむらみなみによるデュオTENG GANG STARRが、デビューアルバム『ICON』を9/5(水)にリリースするとアナウンスした。 本作にはMsayoshi Iimoriがプロデュースした先行シングル"Dodemoii"や、一躍知られるきっかけとなった"Livin' ...

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。