mei eharaのデビューアルバム『Sway』から"冴える"のミュージックビデオ

1月にカクバリズムからリリースしたファーストアルバム『Sway』が大好評となっているシンガーソングライターのmei ehara。同作から"冴える"のミュージックビデオがYoutubeで公開された。

ビデオは注目の若手映像作家、吉岡美樹が制作。『Sway』は、先日素晴らしいアルバム『The Blue Hour』をリリースしたばかりのキセルの辻村豪文が全面プロデュース。"冴える"でも素晴らしいギターに加え、独特なビートのドラムも担当。アルバムのラストを飾る同曲はベースにはキセルの弟こと辻村友晴、フルートにはmmmを迎え、mei eharaの代表曲に育っていきそうな名曲だ。

Info

Awjk_H1-4_LX

mei ehara
『Sway』

品番:DDCK-1053
税抜価格: ¥2,500
発売日: 2017.11.8
レーベル: カクバリズム
収録曲
1 戻らない
2 狂った手
3 サイン
4 蓋なしの彼
5 頬杖
6 道路
7 地味な色
8 毎朝
9 街の様子
10 冴える

mei ehara : http:// eharamei.com/

カクバリズム:http://www.kakubarhythm.com/

カクバリズムsoundcloud:https://soundcloud.com/kakubarythm

RELATED

恒例のカクバリズムの夏祭りが開催決定 | VIDEOTAPEMUSIC、Hei Tanaka、mei ehara 、DISCO MAKAPU'Uなどが出演

恵比寿 LIQUIDROOMの14周年記念公演を兼ねて、今年もカクバリズムの夏祭りが同時開催決定だ。 8/26(日)に開催されるこのイベントには、カクバリズムから作品をリリースしているVIDEOTAPEMUSICやHei Tanaka、mei eharaの他にも藤井洋平 & The V...

カクバリズム代表の角張渉が15年間のレーベル道を語り下ろした書籍『衣・食・住・音(いしょくじゅうおん)音楽仕事を続けて生きるには』が刊行

YOUR SONG IS GOOD、SAKEROCK、 キセル、二階堂和美、イルリメ、MU-STARS、cero、 (((さらうんど)))、片想い、VIDEOTAPEMUSIC、 スカート、思い出野郎Aチーム、在日ファンク、mei eharaと個性的なアーティストが所属するレーベル、カクバリズム。

カクバリズムの15 years Anniversary Specialのライブ映像が一挙公開

昨年11/5に東京・新木場スタジオコーストで開催されたカクバリズム 15 years Anniversary Special。レーベルの15周年を祝し、所属のアーティストが一堂に会したこの日の模様がスペースシャワーTVのアーカイブサイト DAXとluteで同時公開された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。