アメリカの高校生が「Lil Pumpがどのようにヒップホップを救ったか」について熱いスピーチ

アメリカの高校生による「Lil Pumpがどのようにラップゲームを救ったか」のスピーチ動画が話題だ。Lil Pump本人もTwitterでリアクションを見せるなどをしている。

このスピーチを行ったのは、ペンシルバニア州・ポッツタウンのPottsgrove High Schoolに通う高校生、Gabriel Craigさん。彼はAP(アメリカのハイスクールで成績上位者のみが認められる、大学の単位を先取りできるクラス)の授業で、「Lil Pumpはこの2年間をヒップホップを救うために捧げ、彼は"歴史の流れを永久に変えた"。」と語った。

Craigさんは、Lil Pumpが「存続の危機に瀕していた」Soundcloudを救ったと主張。多くの若いラッパーたちにとってSoundcloudは世に知られるための大きなツールだ。さらに、彼はスピーチの中で「Lil Pumpは弱い者のために活動している。僕やあなたのような人たちのためだ。もしLil Pumpがいなかったら、ラップゲームは今のアメリカ政府のように、たった数人の億万長者によって所有され支配されていた。ラップゲームが普通の人々によってコントロールされているのは、すべてLil Pumpのおかげだ。」とも語っている。

また、彼はLil Pumpの曲についてこのように話す。

「彼の曲がリリースされた時、それらは様々な種類の異なるバックグラウンドを持った人たちに届いた。"Gucci Gang"のようなアイコニックで、繰り返しが特徴的な彼のリリックは多くの人に受け入れられた。」

「彼のリリックは表面的には下品で繰り返しの多いものに聴こえるが、深い部分でそれらは人生や愛を表現しており、若者たちが街に踏み出すことや自分の夢を信じることをインスパイアするものだ。」

Lil Pump本人は、Twitterにアップされたこの動画をリツイートし"SPEECH OF THE YRAR.(今年1番のスピーチ)"とツイートしている。

Lil PumpのツイートとGabriel Craigさんのスピーチの動画は以下でチェックできtる。

 

(辻本秀太郎)

RELATED

Lil Pumpが「XXXTentacionは俺たちの世代の2Pacだ」と語る

昨年、銃撃によって若くして命を落とし、世界中の多くのファンに衝撃を与えたXXXTentacion。その死からちょうど一年が経過した先日、Lil Pumpが彼を悼む発言を行なっている。

Lil Pumpがまたまた「リーンをもう飲まないし、ドラッグもやめる」と宣言

これまでも何度か「リーンをやめる」と宣言していたLil Pumpが、またまたリーンをやめることを宣言した。

Lil Pumpがガソリンスタンドで煙草を吸う動画を投稿し批判を浴びるが「いつもの事だ」と開き直る

これまで様々な言動・行動が批判に晒されてきたLil Pumpがまたしても新たな問題行動を起こしたようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。