Migosに曲の中でディスられたJoe Buddenがリアクション

先日、天敵であるJoe Buddenへのディス曲を、彼らの所属レーベルQuality Controlのコンピレーションアルバムのプレビューで公開したMigos。これに対し、ディスられたJoe Buddenがこの騒動について語った。MigosとJoe Buddenのビーフの詳細については先日のこちらの記事で確認していただきたい。

Joe Buddenは先日のComplex Newsによる「Everyday Struggle」で、この一連のやりとりについて詳しく語った。ディスのパートをラップしたQuavoについて彼は以下のように話す。

「Quavoは、俺が今年かなり良い1年を送っていたとわかっているんだと思うよ。Migosのあのディスはみんなの注意を引くためにやってるんだ。'Mr.見当違い'(Quavo)は、どういうわけか彼が俺にとってのスーパースターに仲間入りしてると自分で思ってるようで、明らかに自分の名前を広げるために俺や俺のプラットフォームを使おうとしているんだ。」

また、Joeは例のパートについて「あれほどはっきり聞こえるQuavoのラインを聞いたことがないね。彼はいつもぶつぶつ言ってるからね。ディスをしようとするとMr.ハーバードのLil Pump教授みたいにラップするようになるのかね?」と言及。

さらに、QuavoやMigosの所属レーベル、Quality Controlのオーナーたちに向けてもコメントをしている。「Quavo、俺は今回はこの件について時間を割かないよ。俺はこのシャウトアウトに感謝しているよ。Pee、CoachK、君らのうち誰とも俺は問題を抱えていない。君たちがカルチャーを前に進めているってことを俺はわかってる。どういう結果になろうとも俺は君たちにこれを続けて欲しいと思ってる。君たちはたくさんの人々を楽しませてる。」

Joe Buddenが上のように語る動画は下から確認できる。

RELATED

アメフトの大学チャンピオンチームにチェーン店のハンバーガーを振る舞ったトランプ大統領をQuavoが批判

昨日アメリカンフットボールの全国選手権のチャンピオン、クレムソン大学のメンバーがホワイトハウスにトランプ大統領を表敬訪問した。

21 SavageがLayzie BoneのMigosへのディス曲を批判

先日、「史上最高のグループ」を自称したMigosに噛みつき、ディス曲までも発表したLayzie Bone。その曲の中でMigosとともにディスを向けられた21 Savageが自身のInstagramライヴにて「ワックだ」と曲を一蹴している。

Bone Thugs-N-HarmonyのLayzie BoneがMigosへのディス曲を発表

先日「史上最高のグループ」を自称したMigosに対し「俺たちをリスペクトしろ」と噛みついたLayzie Boneが、Migosに向けたディス曲を発表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。