主人公はDrakeになり他のラッパーと戦う無料RPGゲーム

『The Legend of Drake』

Drakeほどヒップホップ界で様々なビーフに関わったアーティストはなかなかいないだろう。そんな敵も味方も多いDrakeを主人公とした無料RPGゲーム『The Legend of Drake: Rise of the 6 God』がリリースされた。

drake-free-video-game-5

プレーヤーはDrakeとなり、様々なアーティストとの争いを勝ち抜いていくゲームとなっている。昔のポケモンやファイナルファンタジーのような懐かしいRPG風で、他のラッパーと勝負になるとターン制のバトルが繰り広げられる。

drake-free-video-game-8

ゲームのトレーラー映像では、Drakeが自分の曲の歌詞を引用し、Kendrick LamarやKanye Westなどとバトルする画面や、かつてDrakeが惚れていると噂されたNicki Minajが登場するミニゲームなどが見れる。

各キャラクターには特徴があり、たとえばLil’BはTwitterでの発言が問題になることが多いため、ゲーム内では敵を混乱させるツイート攻撃などがあるようだ。

製作者のSpightlyは『Pigeons and Planes』のインタビューで「ゲームを作ったのは初めてだ。約1年半、500時間ほどかけてプログラミングしてこの『The Legend of Drake』を作り上げた」と明かした。

自分自身は Drakeのファンだと語るSpightlyは「Drakeを主人公に選んだ理由は、彼の音楽が好きだからというだけではなく、ラップコミュニティで彼に対する意見が二極化しているからだ。ここ数年だけでも彼にはたくさんの敵と味方ができた」と語る。

「1年半前にジョークでこのゲームを作り始めた。しかしこの制作期間中、世の中では様々な人種差別事件などが起こった。ジョークでゲームを作ったというその考えは今でも変わっていないが、自分が正しいと思っていることのために戦う勇気を人々に与えたい。このゲームはヒップホップ文化をリスペクトして作った愛のあるパロディだ。しかしこのコミュニティを守り、楽しみ続けるたに、できることをやっていかなければならない。この可笑しなDrakeRPGがその力になってくれれば500時間の製作時間の価値がある」というメッセージをSpightlyはこのゲームに込めているとのこと。

『The Legend of Drake: Rise of the 6 God』はWindowsとMac用のコンピューターゲーム。こちらから無料でダウンロード可能。

RELATED

Drakeが4400万円の特注iPhoneケースを作ったことが明らかに

先日のグラミー賞では“God’s Plan”で年間最優秀ラップ楽曲賞を受賞したDrake。名実ともにトップラッパーとなった彼は強大な財力を惜しげも無く披露することで知られているが、またしてもとんでもないお金の使い方をしたようだ。

Drakeがグラミー賞の授賞式で「賞を取らなくてもファンがいれば勝ち」と語りスピーチをカットされる

今年のグラミー賞で最優秀ラップ楽曲賞を受賞したDrakeが、授賞式で行ったスピーチが物議を醸している。

グラミー賞でのパフォーマンスをKendrick LamarやDrake、Childish Gambinoなどが相次いで断る

いよいよ現地時間の2月10日に迫るグラミー賞の授賞式だが、ヒップホップアーティストが相次いで授与式でのパフォーマンスのオファーを断っていると伝えられている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。