ビョークがRZAとのコラボレーションによる未発表曲が眠っていることを明かす

先週、9枚目のオリジナルアルバム『Utopia』をリリースしたビョークが、Fact Magazineの取材で、Wu-Tang Clan愛やRZAとコラボレーションをした過去について明かした。

RZAとのコラボレーションというアイデアは、20年前のアルバム『Homogenic』における音楽制作プロセスでのフラストレーションから来たものだという。

ビョークは以下のように語っている。

「私が当時やりたかったことは、アイスランド的な、ヴォルカニックなビートを入れるということだったのだけど、とても苦戦していた。アルバムのビートを作るのに、とても時間がかかってしまったの。そして時々、私はせっかちになって他人にその作業を任せたくなってしまう。私はただ座って、指示をしながら誰かにやってもらうの。その当時私はスペインにいて、Wu-Tang Clanもスペインに来ることになっていて、RZAに会うことになっていたわ。だけど、数ヶ月があっという間に経ってしまい、アルバムは完成してしまったの。その時、RZAは「俺は準備できてるよ!スペインに行こうか?」という感じだったわ。」

最終的には、ビョークがニューヨークに赴くことになったようだ。彼らはそこで初めてのコラボレーションを実現させた。しかし残念なことに、そこでの曲はまだ陽の目を見ていない。

「マジックを起こそうと思わないでマジックを起こしてしまうことがある。そして、その時私たちが作ったものはそうだったと思うの。でも、それは『Homogenic』に入るようなものではなかったし、Wu-Tangがやろうとしていたことの一部になるようなものでもなかった。」とビョークは語っている。

現在私たちがこの貴重なコラボレーションを聴く手段はない。将来これが世に出ることを願うばかりである。

RELATED

Wu-Tang ClanのRZAが犬散歩代行サービス『Woof-Tang Clan』を提訴

ニューヨークの犬散歩代行サービス『Woof-Tang Clan』を、Wu-Tang ClanのリーダーであるRZAが商標権の侵害で訴訟した。

ビョークにセクハラ告発されたラース・フォン・トリアー監督が疑惑を否定 | ビョークはさらにセクハラの詳細を投稿

ハリウッドのプロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラや、ビートメーカーThe Gaslamp Killerのレイプ疑惑告発など、現在映画業界と音楽業界でセクハラ問題が次々と浮上している。先日ビョークが映画監督からセクハラを受けていたと告白したが、それをフォン・トリアー監督が否定。その後ビョークは監督から受けたセクハラのさらに詳しい内容を投稿した。

ビョークが映画監督からセクハラを受けていたと告白し、映画業界全体の構造を批判

ハリウッドの大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインが過去30年にわたり女優などにセクハラを繰り返していた事件の余波は大きく広がっており、音楽シーンでもLAのビートメイカーThe Gaslamp Killerにレイプされたという告発があり、すでにThe Gaslamp Killerはレーベルや出演していたイベントから追放されている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。