宇宙飛行士スコット・ケリーがCardi Bにコラボオファーを持ちかける

今年最も飛躍を遂げたラッパーといえば"Bodak Yellow"の大ヒットがあったCardi Bなのは間違いないだろう。

現在デビューアルバムの制作に取り掛かっているCardi Bに対し、ある大物がコラボレーションオファーを持ちかけてきた。

その人物とはアーティストではなく、宇宙飛行士のスコット・ケリーだ。これまで1年以上もISSに滞在した経験のある大物宇宙飛行士であるケリーが突然Cardi BにTwitterでオファーを申し込んだのは11/22のことだ(※現在はツイートは削除済み)

ケリーは唐突にFox Newsのウェブサイトのリンクをツイートした後で、一言Cardi Bとだけツイート。さらにその後Cardi B宛に@を飛ばし「スコット・ケリーです。コラボアイディアがあるから、DMをしてほしい」と唐突なオファーを行った。

宇宙飛行士のケリーがCardi Bとコラボしたいアイディアとはどんなものだろうか?今の所Cardi Bはこの件についてはリアクションを返していない。

RELATED

Cardi Bが「Offsetと破局した」と明かす

先日には、クリスマスデコレーションの支払いをかけてラップバトルをするなど、仲睦まじい様子を披露していたCardi BとOffsetの夫婦。

Cardi Bが夫のOffsetにTikTok上でラップバトルを仕掛ける | 敗者は家のクリスマスデコレーションを購入

Drake VS Pusha-Tに始まり、Eminem VS Machine Gun Kelly、そして最近ではTory Lanez VS Joyner Lucasと今年は大きなラップバトルが多発した。

Kanye Westのゴーストライターを務めたPardison Fontaineが、自身をゴーストライターだと暴露したKanyeに対して怒りを見せる

ラッパーがゴーストライターを雇うことは現在のラップシーンにおいて珍しいことではない。Kanye WestやCardi Bがゴーストライターを雇っていることは広く知られているが、その両名のリリックを書いた経験もあるラッパーPardison FontaineのインタビューがGQにて公開された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。