Lil Peepの死亡時の状況が明らかに | 遺族のためのチャリティーグッズも販売

MUSIC  2017.11.21  FNMNL編集部

先週21歳でこの世から去ったLil Peepの新たな死亡前の状況をTMZが明らかにしている。

警察の調書を元にTMZが報じているところによれば、Peepのマネジメントチームのある人物の証言として、Peepは当日も元気な様子で、ライブ前の午後5時45分頃にツアーバスで仮眠をとっていたという。そして同じ人物が直後に様子を見に行ったところ、Peepはいびきをかいており、問題なく呼吸はしていたという。

しかしその後別の人物がPeepの様子を伺いにいったところ、すでにPeepは昏睡状態となっていたということで、Peepは眠ったまま亡くなった可能性が高いという。

兄のOskarはPeepの死について自殺ではなくアクシデントであると強調しており、この証言が確かならば、Peepが積極的な自殺を試みたという可能性は薄そうだ。

また今週水曜日からLAでPeepと残された遺族のためのチャリティポップアップが開催される予定となっている。

jacket-1

jacket-2

このポップアップで購入できる上記のフーディーはこちらのサイトからも購入ができる。利益はPeepの母親であるLiza WomackさんとMusiCares foundationに贈られる予定だ。

MUSIC

FASHION

CULTURE