映画『バンコクナイツ』の撮影の旅を追ったドキュメンタリー『映画 潜行一千里』が公開決定

2月に公開され話題を呼んだ空族、富田克也監督の最新作『バンコクナイツ』の撮影の旅を追ったドキュメンタリー『映画 潜行一千里』(向山正洋監督)が、12/16にK's cinemaで公開される。

『映画 潜行一千里』は、空族が構想10年をかけて制作した映画『バンコクナイツ』の知られざる核心に迫ったメイキング・ドキュメンタリー。

si_sub01

si_sub02

タイ・ラオスを縦断した一千里、約4000キロのオールロケを行った同作、タイの首都バンコクの日本人専門の歓楽街タニヤ通りから東北部イサーン地方、雄大なるメコン川のほとりの国境の街ノンカーイまで、さらには国を越えてラオスの秘境までに至る空族撮影隊が辿った果てなき旅路だった。

si_sub03

si_sub06

旅を続けながら映画を撮り、映画そのものが旅になっていく。カメラは必然的に東南アジアの戦争の歴史を浮き彫りにし、そこで生きる人々の抵抗の輝きを映し出す。現地の人々が役者として出演し、さらにはスタッフとして一緒に仲間になって一本の映画を生み出していく、空族の制作スタイルも浮かび上がる。

si_sub08

si_sub10

監督はヒップホップクルー「stillichimiya」の映像ユニット“スタジオ石”の向山正洋。向山は“スタジオ石”として『バンコクナイツ』の撮影を進める傍ら、自らカメラを回し空族の撮影風景の裏側を記録に収めた。

新宿・K's cinemaでの公開に先駆けて12月9日(土)に山口情報芸術センター[YCAM]にてジャパンプレミア先行上映が行われる。また空族の富田克也と相澤虎之助が、『バンコクナイツ』へと至る十年間にも及ぶインドシナ半島への潜入から生まれたノンフィクション書籍「バンコクナイツ 潜行一千里」が11月27日に河出書房新社より発売される。

Info

『映画 潜行一千里』
●監督:向山正洋●撮影:スタジオ石(向山正洋、古屋卓麿)●音楽:DJ KENSEI●整音:山﨑巌●出演:スベンジャ・ポンコン、富田克也、相澤虎之助、川瀬陽太ほか●製作:山口情報芸術センター[YCAM]
●企画・配給:空族
2017/日本/DCP
© Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM]
12月16日(土)より新宿K's cinemaにて公開!
書籍カバービジュアル
書名:「バンコクナイツ 潜行一線里」
著者:富田克也、相澤虎之助
仕様:46判並製/304ページ
出版社:河出書房新社

 

RELATED

ANARCHYが監督を務める映画『WALKING MAN』が製作発表 | 主役のラッパーは野村周平が演じる

ラッパーのANARCHYが初の映画監督を、人気漫画家の高橋ツトムが企画プロデュース、梶原阿貴が脚本を書くオリジナル映画作品『WALKING MAN』が製作発表となった。

【プレゼント】バスキア誕生の秘密に迫る映画『バスキア、10代最後のとき』の試写会に5組10名様をご招待

NYのストリートから時代の寵児とったNYの伝説的アーティストジャン・ミシェル=バスキアが、名声を得る前に焦点を当てている映画『バスキア、10代最後のとき』が、12/22(土)からYEBISU GARDEN CINEMAなどで公開される。

Thom Yorkeがサントラを制作し話題の『サスペリア』のティザームービーが解禁

『君の名前で僕を呼んで』で映画ファンを魅了したルカ・グァダニーノ監督による伝説の傑作ホラーを再構築した『サスペリア』が、来年1月に全国ロードショーされるのを控えて、ティザー予告と場面写真が解禁となった。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。