CosmopolyphonicのメンバーTidalのTwitterアカウントがJay-Zの運営するTIDALにTwitterアカウントを乗っ取られた?

RLPやSubmerse、RGL、Fujimoto Tetsuroなどが所属するアーティストコレクティブCosmopolyphonicのメンバーであるTidal氏のTwitterアカウントに異変が起きたのは先月のことだった。

Tidal氏が2011年から所有していたTwitterアカウントは自身の名前を使用した@Tidal。日本には上陸していないが、あのJay-Zが運営するストリーミングプラットフォームTIDALと同じ名前だ。ストリーミングサービスのTIDALは2014年にスタートしており、Twitterアカウントは@TIDAL_HiFiを使用してきていた。

しかし10/13にCosmopolyphonicのTidalのアカウントが何者かにハックされた状態で、マレーシア航空のTwitterアカウントを脅迫し、凍結されてしまった。凍結後に何者かが@Tidalのアカウントを取得。Tidal氏は現在使用している@Tidal_Shioのアカウントを新たに取得せねばならなくなってしまった。

そして約1か月経った11/10になぜか何者かが持っていた@Tidalのアカウントと、Jay-ZのストリーミングプラットフォームTIDALのアカウント@TIDAL_HiFiが、交換され、TIDALが新たに@Tidalを取得してしまった。

92qt8quh

一連の流れをまとめたのが、上の画像になる。Tidal氏がアカウントを保有していた時期にもTIDALで楽曲を配信したトップアーティストなどがアカウント名を誤ってツイートしてきていたこともあり、Jay-Z側もTidal氏のアカウントを認知していた可能性は大きい。さらにTIDALとしても、アーティストによる誤ツイートをふせぐために@Tidalのアカウントが欲しいという思いはあったはずだ。

直接的な証拠が手に入っていない以上なんともいえないが、この一連の華麗なアカウント交換の流れをみると、どうしても@Tidalを入手したかったTIDAL側がアカウントを乗っ取らせたとみてもおかしくないだろう。真相解明がされる日はくるのだろうか?

 

RELATED

Kanye Westが『The Life Of Pablo』のリリース手法をめぐりついに集団訴訟を起こされる

二年前にKanye Westがリリースしたアルバム『The Life Of Pablo』。リリース当初、このアルバムは有料ストリーミングサービス『TIDAL』でのみ配信する予定であり、販売などはしないとKanyeは公言していた。しかし後々、『The Life Of Pablo』が様々なストリーミングサービスで結局配信されたことで、ファンが激怒。昨年集団訴訟を起こすまでに至った。それから1年経った今も訴訟は取り下げられておらず、手続きは進行しているとのこと。

ベストサマーチューン 2018 Selected by Cosmopolyphonic

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲たち?

Kanye WestとTIDALが『The Life Of Pablo』のリリースを巡って訴えられる

Kanye Westといえばツイートによってこれまでも様々なトラブルを引き起こしてきたが、今回彼のツイートが法的なトラブルにまで発展してしまった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。