TIDALがBeyonceとKanye Westのストリーミング再生回数を人為的に増加させた疑惑についてノルウェーの国家機関が調査を敢行

昨年より、Jay-Zによる音楽ストリーミングサービスTIDALがBeyonceの『Lemonade』とKanye Westの『The Life of Pablo』の再生回数を人為的に増加させた疑惑がノルウェーの新聞DagensNæringslivとノルウェー科学技術大学によって指摘されていた。現在、ノルウェーの経済犯罪捜査機関であるØkokrimが、TIDALによるストリーミングデータ操作疑惑についての調査を行なっていることが伝えられている。

ノルウェーの州検事であるElisabeth Harbo-Lervikによると、調査は2018年秋より進められているという。またØkokrimはTIDALの元従業員4人に対し25時間にも及ぶ聞き取りを行ったようで、かなり本格的な捜査が水面下で行われていたことが分かる。DagensNæringslivの記事によると捜査を受けた元従業員たちがKanyeとBeyonceのアルバムの再生回数が改ざんされていることを発見したそうで、彼らはそのことを弁護士に知らせたのち会社を辞めたとのこと。

TIDAL側はこの報道を受けてComplexに声明文を発表。「TIDALは調査の対象とはなっていません。我々はØkokrimとコミュニケーションを取っています。DagensNæringslivは、最初から我々とは共有されていない文書を引用しています。彼らは、疑わしい根拠に基づいて同じ主張を何度も繰り返してきました。少なくとも、疑いをかけられている者が一人尋問されていることを知っています。これ以上のコメントは出来ません」と、あくまで無実を主張し疑惑を報道する新聞を批判している。

調査の中ではTIDALのデータに「1日に何百回も『TLOP』を聴いた」と記録されているユーザーへの調査も行われたが、彼らの誰もが「そのような記憶は無い」との証言を行っているそうだ。これらの調査が正しければTIDALが行った改ざんが事実であるという線が限りなく濃くなるが、果たして真相はいかに?

related

Frank Ocean、Kendrick Lamar、Kanye Westなどの楽曲が使用される映画『WAVES/ウェイブス』の予告編が公開

『ムーンライト』や『レディ・バード』、『ヘレディタリー/継承』など次々と話題作を発表して、ハリウッドに新風を吹き込む映画制作会社のA24。

Jay-ZとBeyonceがスーパーボウルの国歌斉唱にて起立しなかったことが物議を醸す|コリン・キャパニック選手は批判の投稿をリポスト

昨日開催されたアメリカのエンターテイメント最大の祭典であるNFLスーパーボウル。以前よりNFLによる人種差別とハーフタイムショーの出演アーティストが議論を呼び続けてきたが、そんな中、昨日のスーパーボウルに出席していたJay-ZとBeyonceの夫妻がとった行動が物議を醸している。

Kanye Westが自身の過去のアルコール依存について語る

昨年は、新作『Jesus Is King』のリリースなど良くも悪くも話題を振りまき続けたKanye West。そんな彼が自身の過去のアルコール依存との闘いについて語った。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。