Chance The Rapperが9500万ドルをかけた警察学校の建設にシカゴ市議会で抗議

今週水曜日、Chance The Rapperはシカゴ市議会に参加し、市長のRahm Emanuelに対して抗議スピーチを行った。Rahm Emanuelは、警官のための新しい訓練施設をWest Garfield Parkに建設する計画に9500万ドル(約110億円)を費やそうとしているが、シカゴの多くの市民はこれを資金の誤った使い道であると考えているという。

「僕らには9500万ドルもないはずだ。警察は市議会にその土地を買うために今必要な額として1000万ドルを出すよう要求しているが、そのために残されているお金はない。それなのになぜ今それを進めようとしているのですか?」

Chanceは議会でこのように話したという。多くの媒体が報道しているところによると、Emanuelのこのプロジェクトのための支払いについてシカゴ市議会がどのような方法を見積もっているのかについては、明かされていないということだ。Emanuelの計画に含まれるトラックヤードや警官訓練施設にかかる費用を計算するだけでもすでに3700万ドルが不足する計算であるという。

#NoCopAcademy のハッシュタグをチェックすると、Chanceの議会での様子などを確認することができる。


Chicago Tribuneの記者のツイート。「@chancetherapperは、シカゴは数百万ドルを資金不足の学校のために使うべきで、支払うこともできない9500万ドルを警官学校に費やすべきではないと話している。市長のRahm EmanuelはChanceが発言を始める少し前に会議室を退席してしまった。」

RELATED

Chance The Rapperがシカゴ市長選には立候補せずにAmara Enyia候補を支援すると表明

先月、現シカゴ市長Rahm Emanuelが辞意を表明し、それに対し、喜びのコメントをしていたChance The Rapper。 その後、Chanceは自身のTwitterにおいて、シカゴのシティホールで記者会見を行うことをアナウンス。次のシカゴ市長選に立候補するのではと噂されていた。

Chance The RapperがKanye Westとのコラボプロジェクト『Good Ass Job』について語る

先月、Kanye WestがChance The Rapperとのコラボプロジェクト『Good Ass Job』を作っていると明言して以降、ファンの期待は高まる一方で、詳しい情報などは未だ明らかにはなっていない。

Chance The Rapperが100万ドルをシカゴのメンタルヘルスサービスに寄付

Kanye Westとのコラボアルバムのリリースも待ち遠しいChance The Rapper。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。