Meek Millの有罪判決に陪審員の私情が持ち込まれていた?

Meek Millが保護観察処分中の違反行動により最低でも2年投獄されることを報じたが、彼の弁護士はそのことに関してかなり不服に感じているそうだ。

Meek Millの弁護士であるJoe Tacopinaは、判決に陪審員の私情が組み込まれているとして批判している。

陪審員の1人とMeek Millは個人的な関係の不和があり、それが原因で報復されたとTacopinaは話している。意外にも以下の曲がこの問題の発端だという。

"On bended Knee"とは膝まづいてという意味で、別れた彼女が戻ってくるように「膝まづいて」赦しを請いていると曲中でも歌われている。
この曲との関連についてであるが、陪審員と個人的に付き合いのあったMeek Millは、直接Boyz II Menのリメイクをシャウトアウトの部分で歌ってほしいと頼まれたそうだ。それを聞いたMeek Millは冗談だと思って笑っていたらしい。
Tacopinaは、Meek Millはこの件を断り陪審員は理解を示したにも関わらずこの判決が出たため不服に思っているそうだ。
真意のほどはわからないが、Meek Millは厳しい状況であることに変わりはない。果たして裁判はどのように進展して行くのだろうか。

RELATED

俳優のマイケル・ラバポートが突如Meek Millを「ゴミラッパー」とディス

以前、2Pacを「退屈な音楽」と評したLil Xanに対し「才能が無い田舎者」と怒りを露わにした俳優のマイケル・ラバポート。ヒップホップファンとして知られる彼が突如としてMeek Millをディスしたことが話題となっている。

Jay-ZとMeek Millが刑事司法制度の改革を目指す組織を立ち上げる

複数回拘留を受け#FreeMeekMillというムーブメントを起こしたことでも知られるMeek Millと彼を長くサポートしてきたJay-Zが今回、刑事司法制度の改革を目指す組織「REFORM Alliance」を立ち上げたことが明らかになった。

Meek MillがDrakeによるディス曲“Back to Back”のビートでフリースタイル

長きに渡ったDrakeとのビーフを解消し、先週リリースした最新作『Championships』も話題となり絶好調のMeek Mill。そんな彼がHot 97の人気ラジオ番組「FUNK FLEX」に出演し、Drakeによる2015年のディス曲“Back to Back”のビートでフリースタイルを披露した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。