Meek Millの有罪判決に陪審員の私情が持ち込まれていた?

MUSIC  2017.11.09  FNMNL編集部

Meek Millが保護観察処分中の違反行動により最低でも2年投獄されることを報じたが、彼の弁護士はそのことに関してかなり不服に感じているそうだ。

Meek Millの弁護士であるJoe Tacopinaは、判決に陪審員の私情が組み込まれているとして批判している。

陪審員の1人とMeek Millは個人的な関係の不和があり、それが原因で報復されたとTacopinaは話している。意外にも以下の曲がこの問題の発端だという。

"On bended Knee"とは膝まづいてという意味で、別れた彼女が戻ってくるように「膝まづいて」赦しを請いていると曲中でも歌われている。
この曲との関連についてであるが、陪審員と個人的に付き合いのあったMeek Millは、直接Boyz II Menのリメイクをシャウトアウトの部分で歌ってほしいと頼まれたそうだ。それを聞いたMeek Millは冗談だと思って笑っていたらしい。
Tacopinaは、Meek Millはこの件を断り陪審員は理解を示したにも関わらずこの判決が出たため不服に思っているそうだ。
真意のほどはわからないが、Meek Millは厳しい状況であることに変わりはない。果たして裁判はどのように進展して行くのだろうか。

MUSIC

FASHION

CULTURE