Migosがリメイク版『ライオンキング』のハイエナ役に立候補

ディズニーが2019年に公開予定のリメイク版の『ライオンキング』には、Donald GloverやBeyonceなどがメインアクトとして出演することが発表されたが、動物好きのラップグループMigosも出演したいようだ。

出演者が発表されて数日後にQuavoはTwitterでディズニーのアカウントに呼びかける形で、3匹のハイエナ役に立候補。電話をかけてくれとツイートしている。このハイエナはスカーの手下でシェンジ・バンザイ・エドの3匹のブチハイエナで、確かにコンビネーションがいいMigosにはぴったりの配役だといえるが、実はこのハイエナ役はすでに決定しており、フローレンス・カサンバ、エリック・アンドレ、キーガン=マイケル・キーが演じることになっている。Migosの切なる思いは今回は通じないが、ぜひ声優としてのMigosも見てみたいところだ。

Migosは以前インタビューで、Quavoは「おれたちは動物が大好きなんだ」と話した。Quavoは犬、トラ、ライオン、猿が好きで、Takeoffも猿が好きだと話している。

RELATED

ANARCHYが監督を務める映画『WALKING MAN』が製作発表 | 主役のラッパーは野村周平が演じる

ラッパーのANARCHYが初の映画監督を、人気漫画家の高橋ツトムが企画プロデュース、梶原阿貴が脚本を書くオリジナル映画作品『WALKING MAN』が製作発表となった。

Migosが「Carpool Karaoke」に登場し、車内に大量の札束を持ち込みDabを教える

コメディアンのJames Cordenが司会を務めるアメリカの人気番組『The Late Late Show』の人気企画「Carpool Karaoke」にMigosが出演。“Walk It Talk It”、“Bad and Boujee”、“Motersport”などのヒット曲をパフォーマンスしている。

【プレゼント】バスキア誕生の秘密に迫る映画『バスキア、10代最後のとき』の試写会に5組10名様をご招待

NYのストリートから時代の寵児とったNYの伝説的アーティストジャン・ミシェル=バスキアが、名声を得る前に焦点を当てている映画『バスキア、10代最後のとき』が、12/22(土)からYEBISU GARDEN CINEMAなどで公開される。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。