再始動したOvallが新曲も収録したレア音源アルバム『In TRANSIT』のリリースを発表 | grooveman SpotやBudamunk、sauce81などのリミックスも収録

12月に開催されるワンマンライブも完売し、再始動が話題になっているOvallがレーベルのファンサイト限定でリリースしたEPに、新曲や豪華ゲスト陣によるリミックスも収録した2枚組のアルバム『In TRANSIT』を12月にリリースする。

新作『In TRANSIT』にはライブでは定番となっており音源化を熱望されていた"Mr. Smith"や"Giraffe"に加え、フランスのラッパーAkhenatonを迎えた楽曲、Bobby Caldwell のカバー"Open Your Eyes"、さらに新曲"Winter Lights"などが収録。

またディスク2にはgrooveman Spot、Budamunk、Kan Sano、sauce81、RLPなどOvallと親交の深いトッププロデューサーたちによるリミックスを収録した、全22曲を収録したアルバムとなる。

 

 

Info

OPCA-1035_Ovall_InTransit_h1_3000px

● アーティスト : Ovall ( オーバル )
● タイトル : In TRANSIT [Deluxe Edition]
( イン・トランジット [ デラックス・エディション ] )
● 価格 : 2,800 円 (+tax)
● 品番 : OPCA-1035/36
● JAN : 4580246160622

DISC 1 < In TRANSIT >
1. In TRANSIT 2. Someday Somewhere 3. Mr. Smith 4. Liquid Mental 5. Open Your Eyes 6. Giraffe 7. PLANET feat. Akhenaton from IAM 8. Un Digicode 9. STAR 10. Winter Lights ( 新曲 )

DISC 2 < Re: Ovall >
1. Un Digicode (RLP Remix) 2. STAR (vusik × sj Remix)
3. Liquid Mental (a.z remix) 4. STAR (Kan Sano Remix)
5. Open Your Eyes (grooveman Spot Remix)
6. PLANET feat. Akhenaton from IAM (sauce dirty-one remix)
7. PLANET feat. Akhenaton from IAM (sauce81 at rework)
8. Giraffe (Ryoh Mitomi Remix) 9. Mr. Smith (Nut’ s Remix)
10. Liquid Mental (Budamunk Remix)
11. Giraffe (Wozmy Remix) 12. Giraffe (45 a.k.a. SWING-O remix)

RELATED

山田孝之と山下敦弘によって映画化される『ハード・コア』の音楽をOvallが担当

狩撫麻礼・いましろたかしコンビが原作を担当した漫画『ハード・コア』が、映画化される。監督・山下敦弘、主演・プロデュースが山田孝之により制作されるこの映画の音楽をOvallが全編にわたり担当することが決定した。

Ovallが新作から『Winter Lights / Open Your Eyes』の7インチをリリースへ | 大阪・名古屋・福岡を巡るツアーも開催

Ovallが昨年リリースした復活作『In TRANSIT [Deluxe Edition]』から、『Winter Lights / Open Your Eyes』の7インチをリリースすると発表した。

Ovallが新曲"Winter Lights"のミュージックビデオを公開

再始動したOvallがリリースした、22曲入りの豪華盤『In TRANSIT』に収録されていた新曲"Winter Lights"のミュージックビデオが公開された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。