新世代のジャズフェスティバル『LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL』が日本初開催 | DREAMS COME TRUEやWONK、 Answer to Remember、Ovall、黒田卓也 aTak Bandなどが出演決定

ヨーロッパ最大規模の野外ジャズフェスティバル『LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL』が、5月に日本初上陸し、埼玉・秩父ミューズパークにて2日間にわたり開催される。

第一弾アーティストとして6組が出演決定。初日のヘッドライナーにはDREAMS COME TRUEが決定。アコースティック編成に、馬場智章(サックス)、DJ MASSを迎えた超貴重なここだけのセットを披露する。

さらに黒田卓也自身のビックバンド黒田卓也 aTak Band、各方面からプロデュースやコラボレーションの依頼が殺到しているOvallや、WONK、ドラマー石若駿のプロジェクトAnswer to RememberにはKID FRESINOも参加する。

2日目のヘッドライナーには、日本を代表する新世代ジャズバンドSOIL&“PIMP”SESSIONSが決定し、Awichなど多数のゲストを招いての出演を予定している。

『LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL』昨年5月に記念すべき第1回を開催する予定が、やむを得ず開催を断念、数々の検討を重ね、本年開催に至る。秩父ミューズパークは、埼玉県秩父市と小鹿野町にまたがる自然豊かなテーマパークだ。

お客様、スタッフ、そしてミュージシャンの安全を最優先にして開催される「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」

新しい「音楽する」環境の構築に、この一年半、全力で取り組んできた我々にとっても大きなチャレンジだ。

ポップスを生業とするDREAMS COME TRUE。でもその人生は波乱万丈、まさにJAZZそのもの。

32年前、イギリスで1stアルバムを制作したのも何かのご縁か。

このコロナ禍で苦し紛れに発明したアコースティック風味なアレンジを施した楽曲を、ゲストに馬場智章(サックス)、DJ MASSを迎え、さらに攻めたバンド編成で音楽します。

どんなステージになるかやってみないとわからない。「JAZZフェスにドリカムかよ」とか言うなよな。

コロナ対策して、心を広くして、お楽しみに。

DREAMS COME TRUE 中村正人

LOVE SUPREME JAZZ FESTIVALに出演できる事を心から嬉しく思っています。というのも、本国でこのフェスが立ち上がった時のことを今でも覚えているから。このラインナップに入りたい。ここに名を連ねられるバンドにならねば。そんな承認欲求は、更なる音楽の高みを目指す為の新たな決意にもなった訳です。

ジョン・コルトレーンの「A LOVE SUPREME/至上の愛」は高校生の時に初めて手にしてから、何度聞いたか分かりません。そんな名盤の名前を冠したフェスだなんて、最高にイカしてるじゃないですか。その名に恥じぬJAZZを追求し、皆さんの音楽愛を賛える空間になれば、とても幸せです。

SOIL&“PIMP”SESSIONS 社長

Info

■名称: 『LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL JAPAN 2021』

■日程: 2021年5月15日(土)、5月16日(日)11:00 開場 / 12:00 開演 / 20:00終演予定

■出演: 5月15日(土)

DREAMS COME TRUE / Ovall / 黒田卓也 aTak Band  … and more!!!

5月16日(日)

SOIL&“PIMP”SESSIONS / WONK / 

Answer to Remember Guest : KID FRESINO / ermhoi / Jua / 黒田卓也  … and more!!!

■メンバー

DREAMS COME TRUE(5/15出演)

DREAMS COME TRUE : 吉田美和(vo) / 中村正人(b)

Musicians : JUON(g) / 武藤良明(g) / SATOKO(ds) / 本間将人(pf) / DJ MASS(DJ) /

上甲敬太(Computer Programming) / 馬場智章(sax)

Ovall(5/15出演)

Shingo Suzuki (b) / mabanua (ds, vo) / 関口シンゴ (g) / 村岡夏彦 (key) / 別所和洋 (key)

黒田卓也 aTak Band(5/15出演)

黒田卓也(tp) / Hiro-a-key(vo, etc.) / 西口明宏(t.sax) / 吉本章紘(t.sax) / 馬場智章(b.sax) / 陸悠(b.sax) /

荻原亮(g) / 吉田サトシ(g) / 篠 奈々子(per) / 山下あすか(per) / 宮川純(key) / 中林薫平(b) /

菅野知明(ds) / & more

Answer to Remember(5/16出演

ATRBand:石若駿(ds) / MELRAW(sax) / 中島朱葉(sax) / 佐瀬悠輔(tp) / 海堀弘太(key) /

若井優也(pf) / Marty Holoubek(b)

Guest:KID FRESINO(rap) / ermhoi(vo) / Jua(rap) / 黒田卓也(tp)

WONK(5/16出演)

長塚健斗(vo) / 江﨑文武(key) / 井上幹(b) / 荒田洸(ds)

SOIL&“PIMP”SESSIONS Guest : Awich(5/16出演

社長(agitator) / タブゾンビ(tp) / 丈青(pf) / 秋田ゴールドマン(b) / みどりん(ds) / 栗原健(sax)

■会場:  埼玉県・秩父ミューズパーク(https://www.muse-park.com/guide/facility03

               〒368-0102 埼玉県秩父郡小鹿野町長留2518

■会場アクセス: https://www.muse-park.com/access#map

※車:関越自動車道花園インターチェンジから国道140号(皆野寄居有料道路)を利用して約40分

(必ず事前に駐車券をご購入ください)

※電車:池袋駅から西武線特急を利用し西武秩父駅まで約80分、西武秩父駅から専用シャトルバス(有料)で約15分

■チケット:

              一般チケット1日券 11,000円(税込)

              高校生大学生チケット1日券 6,000円(税込)

              小学生中学生チケット1日券 3,000円(税込)

駐車場1日券 3,000円(税込)

              シャトルバス利用券(往復) 1,000円(税込) 西武秩父駅⇔会場(約15分)

※全席座席指定

※未就学児は、保護者1名に付き1名まで入場可、但し膝上での鑑賞となります。

※駐車券はイープラスのみで販売

※シャトルバス利用券は当日西武秩父駅にてご購入ください(事前販売はございません)

※ご購入の際には「開催にあたっての注意事項」をご確認ご理解の上、お申込み下さい。

オフィシャル1次チケット先行予約 受付中

3月8日(月)18:00 ~ 3月16日(火)23:59

イープラス(https://eplus.jp/lovesupreme/

U-CONNECT(https://www.uconnect-ticket.jp/artist/lovesupremefestival

related

WONKがニューシングル"FLOWERS"を来週リリース

WONKが2021年最初のシングル"FLOWERS"を4/7(水)にリリースする。

【対談】kiki vivi lily × 荒田洸(WONK)|ジュワジュワ感を求めて

甘く魅惑的な歌声、そしてポップなメロディーセンスを武器に異彩を放つシンガーソングライターkiki vivi lilyがミニアルバム『Good Luck Charm』を完成させた。古きよき日本のポップスやヒップホップなど多彩なルーツを下地に生み出される彼女の楽曲はオンタイムな時代性と郷愁を感じさせる不思議な魅力を纏っている。

WONKがワンマンツアーの東京公演のライブ配信を決定

WONKが4/16(金)に渋谷O-EASTで開催するワンマンライブ『WONK LIVE TOUR 2021』東京公演の模様をライブ配信することが決定した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。