Cardi BがKendrick LamarやJ. Coleのようなコンシャスなラップスタイルは目指さないと明かす | 「私はこれからもずっとトラップをやる」

"Bodak Yellow"の大ヒット、さらにはボーイフレンドのMigosのOffsetとの婚約と、今年の下半期はCardi Bにまつわる話題がとにかく多かった。

その勢いを象徴するかのように名門雑誌Rolling Stoneの表紙になったCardi Bがインタビューに答えている。

Cardi Bは現在アルバムを制作中ということで、すでに6~7曲が完成しているというが「1ヶ月後には、また気分が変わっているかもしれない」と話している。今は楽しむために音楽をやっているわけではないというCardi Bはアルバムでは、トラップのサウンドとスペイン語やレゲエなど彼女のルーツを混ぜたものにしたいという。

Cardi Bは今の若い世代がハイになることが好きで、ドラッグを愛していると話し、さらにKendrick LamarやJ.Coleなどいわゆるコンシャスラップについても話している。CardiはKendrickやJ.Coleのスタイルが素晴らしいものであることを認めつつ「私みたいなビッチでは、うまくいかない」と自分はコンシャスラップのスタイルにはいかないだろうと示唆し、「私はこれからもずっとトラップをやる」と宣言した。

今年一気に知名度を高めたCardi B、次にリリースする1stアルバムがさらに大きなステップに彼女を導いてくれるのだろうか。動向が楽しみだ。

RELATED

Cardi Bが「曲を自分で書けない」という批判に対して返答

Netflixで来年より配信予定のラップリアリティ番組「Rhythm + Flow」の審査員として、Chance The Rapper、T.I.、そしてCardi Bがキャスティングされることが明らかになった。ラップファンが多いに注目する同番組だが、Cardi Bが審査員を務めることに対する不満の声が一部から噴出している。Cardi Bはリリックを別のラッパーと共作していることがあるので、他人のラップを審査する資格は無いという理屈だ。そのような批判に対して、Cardi B本人が自ら返答を行っている。

Cardi BがNicki Minajに対する激怒のメッセージをInstagramに連投

今年の9月頃より始まったCardi BとNicki Minajとのビーフ。NYで開催されたICON’S パーティでは取っ組み合いの喧嘩に発展するなど、二大フィメールラッパーが激しく争う様子は大きな話題を呼んでいたが、ここに来て二人のビーフが更にヒートアップしつつあるようだ。

Cardi BがASMRに挑戦

YouTubeには日夜様々なジャンルの動画が投稿されているが、その中にニッチながらも根強い人気を誇ってきた「ASMR」というジャンルが存在する。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。