Post Maloneの"rockstar"をチャートトップに導いたのは謎のループビデオではなかった

ついに今週Billboard Hot 100でNo.1に輝いた"rockstar"であるが、それを大きく後押ししたものとして"rockstar"のループビデオについて、先日FNMNLでも取り上げられた

しかし、GeniusによるとこのループビデオのYoutubeでの再生回数は"rockstar"のチャートアクションにおいてさほど大きな役割を果たしてはいないという。

調査会社・Nielsenによる今週のHot 100チャートのビデオストリーミングデータによると、YouTubeでのこの"rockstar"のビデオは、チャート2位のCardi B    "Bodak Yellow"だけでなく3位のLogic "1-800-273-8255"や4位のTaylor Swift "Look What You Made Me Do"に比べても再生回数が少ないことが判明したのだ。

YouTubeでの動画再生回数は以下のようになっている。

1位 Cardi B, “Bodak Yellow”: 21,685,616 回のYouTube動画再生

2位 Logic, “1-800-273-8255”: 11,646,575 回再生

3位 Taylor Swift, “Look What You Made Me Do”: 11,148,985 回再生

4位 Post Malone, “rockstar”: 10,204,879 回再生

5位 Portugal The Man, “Feel It Still”: 2,183,971 回再生

 

上の数字によれば、Cardi Bの“Bodak Yellow”は4610万回のストリーミング再生のうち、半数をYouTubeのビデオから得ていることがわかる。それに比べて、Post Maloneの"rockstar"ではYouTubeからの再生回数は全ストリーミング再生のうちの5分の1程度である。すなわち、"rockstar"の再生回数はSpotifyやApple Musicなどの課金型のストリーミング再生によって押し上げられたものであることがわかる。実際、9月に"rockstar"はApple Musicにおける週間再生回数の記録を更新している。

もしもYouTubeの再生回数がBillboardチャートに反映されなかったとすれば、“Bodak Yellow”はここまでヒットソングになっていなかったかもしれなし、"rockstar"のチャートアクションはさらに圧倒的なものだったかもしれない。

Republicの公式アカウントがフル尺のMVではなくループビデオを公開した謎は残るが、楽曲自体が人々の支持を得ているこの曲の力を実感するとともに、音楽マーケティングの新しい可能性をまだまだ感じさせてくれる一件である。

"rockstar"のトラックを作った生物学専攻の大学生についての記事はこちら

(辻本秀太郎)

RELATED

2018年のアメリカにおけるライブ音楽ビジネスに関する調査が発表|アメリカ人の半数以上が何らかの音楽イベントに参加

昨日、データ分析会社のNielsenが2018年におけるアメリカのライブ音楽ビジネスの分析結果を公開した。

EUや日本で相次いで著作権法が改正 | DJやYouTubeチャンネルが影響を受ける可能性も

EUの議会にて今年の9月に可決、承認された「著作権新指令案」。現行の著作権法をさらに強化したこの法案は世界中で議論の対象となっているが、これについてYouTube音楽部門の責任者であるLyor CohenがBillboardのインタビューにて警鐘を鳴らしている。

Kris WuのアメリカのiTunesでのセールスが不正に操作された疑いでデータ会社が調査に乗り出す

EXOの元メンバーであり、現在はKris Wu名義で活動を行っている中国人シンガーのウー・イーファン。 以前リリースした“Deserve”ではTravis Scottをフィーチャリングに迎え、見事アメリカのiTunesで1位を獲得した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。