人気プロデューサーPi’erre Bourneがトラックの無断使用を行った6ix9ineをディス

注目若手ラッパー6ix9ine(tekashi69)が、"Magnolia"のプロデューサーPi’erre Bourneが手がけた新曲のミュージックビデオを公開したが、Pi’erre Bourneはこれに怒りをみせている

6ix9ineはNYはブルックリンを拠点にするメキシカンアメリカンのラッパーであり、叫ぶようなラップや危ないキャラクターで人気を集め、Trippie ReddやFamous Dexともコラボしている若手である。

アッパーでダークな新曲“GUMMO”はプロデューサーのPi’erre Bourneがトラックを手がけている。しかし、Pi’erre Bourneの代名詞というべきプロデューサータグ「Yo Pierre, you wanna come out here?」は本曲において確認されない。それはなぜか?

Pi’erre Bourneによると、“GUMMO”のトラックは本来Trippie Reddに渡したものであり、彼が無断で6ix9ineに譲り渡してしまったもののようだ。Pi’erre Bourneはソーシャルメディアにおいて、6ix9ineが未成年に暴行を加えたという噂に言及し、6ix9ineを痛烈にディスし、6ix9ineとTrippie Reddには二度と曲は作らないと宣言。また、自分のプロデューサーとしての名誉を守るために、“GUMMO”におけるプロデューサータグ「Yo Pierre, you wanna come out here?」を消すように主張した。そのため“GUMMO”にはPi’erre Bourneのプロデューサータグがついていなかったという訳である。なお、今の所6ix9ine側からの反論は確認されていない。

RELATED

6ix9ineの弁護士が司法取引を断固拒否

銃撃事件などに関わったとして逮捕され、最長で終身刑の可能性も示唆されている6ix9ineだが、弁護士のLance Lazzaroは断固として彼の無実を主張している。彼は「司法取引など論外だ」とTMZに話している。

Tory Lanezが獄中からアルバムをリリースした6ix9ineを2Pacと比較

ニューアルバム『Love Me Now』をリリースし、最近ではJoyner Lucasとのオールドスクールなビーフも話題になったTory Lanez。そんな彼がTim Westwood TVに登場。6ix9ineについて語っている。

今週のアルバムチャートの1位がTravis Scottの『Astroworld』ではなく6ix9ineの『DUMMY BOY』だったことが明らかに

先日、ニューアルバム『DUMMY BOY』を無事リリースした6ix9ine。現在、勾留中の彼にとってはいわゆる曰く付きのアルバムとなったわけだが、最新のビルボードアルバムチャートでは初登場1位を獲得すると見られていた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。