人気プロデューサーPi’erre Bourneがトラックの無断使用を行った6ix9ineをディス

注目若手ラッパー6ix9ine(tekashi69)が、"Magnolia"のプロデューサーPi’erre Bourneが手がけた新曲のミュージックビデオを公開したが、Pi’erre Bourneはこれに怒りをみせている

6ix9ineはNYはブルックリンを拠点にするメキシカンアメリカンのラッパーであり、叫ぶようなラップや危ないキャラクターで人気を集め、Trippie ReddやFamous Dexともコラボしている若手である。

アッパーでダークな新曲“GUMMO”はプロデューサーのPi’erre Bourneがトラックを手がけている。しかし、Pi’erre Bourneの代名詞というべきプロデューサータグ「Yo Pierre, you wanna come out here?」は本曲において確認されない。それはなぜか?

Pi’erre Bourneによると、“GUMMO”のトラックは本来Trippie Reddに渡したものであり、彼が無断で6ix9ineに譲り渡してしまったもののようだ。Pi’erre Bourneはソーシャルメディアにおいて、6ix9ineが未成年に暴行を加えたという噂に言及し、6ix9ineを痛烈にディスし、6ix9ineとTrippie Reddには二度と曲は作らないと宣言。また、自分のプロデューサーとしての名誉を守るために、“GUMMO”におけるプロデューサータグ「Yo Pierre, you wanna come out here?」を消すように主張した。そのため“GUMMO”にはPi’erre Bourneのプロデューサータグがついていなかったという訳である。なお、今の所6ix9ine側からの反論は確認されていない。

RELATED

6ix9ineがYoung Chopを「ビートメイクを勉強するために大学へ行っていた」と煽る

数多のビーフを抱え、相手を徹底的に煽り倒すスタイルで知られている6ix9jne。ここ最近は慈善活動を積極的に行なっている様子などポジティブなニュースが多く伝えられていたが、以前より続いているChief Keefとのビーフが再び勢いを増しているようだ。

6ix9ineが脳腫瘍のファンの少年に会いに行き家族の1年分の家賃を寄付

6ix9ineといえば多くの問題行動や複数のラッパーたちとのビーフでお騒がせラッパーとして知られているが、慈善活動を積極的に行うという意外な一面も持ち合わせている。以前はシカゴ出身のChief Keefを挑発する目的でシカゴのホームレスに食料を支給していたことをFNMNLでも報じたが、そんな彼が今回、難病を抱えたファンの少年に会いに行ったようだ。

6ix9ineがライブを開催予定の大学の学生から中止を求められる

性犯罪疑惑をはじめ、YGや他のラッパーへの攻撃など物議を醸す行動を続けるラッパーの6ix9ineには、当然のように多くの批判が集まっている。しかし彼のマネージャーは、「6ix9ineは単に言論の自由を行使しているだけ」と彼の問題発言を容認する姿勢を示しており、彼の行動の方向性は今後も変わらないものとみられている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。