セロニアス・モンク生誕100周年記念アルバムのティザームービー | WONKがアニメーションでモンクと共演

WONKの所属レーベルエピストロフ(epistroph)と、名門ジャズ・レーベルのブルーノートがタッグを組んで制作されるコンピレーション・アルバム『MONK’s Playhouse』のティザームービーが公開された。

今回公開されたのは、WONKの"CYBERSPACE LOVE"をサウンドトラックにしたアルバム・アートワークのイラストレーションも手掛けた映像作家/アニメーターの山田遼志によるアニメーションで、WONKのメンバー4人がセロニアス・モンクと一緒にアニメになって共演するというもの。ミュージックビデオも近日リリースされる予定ということだ。

このアルバムは10月10日に生誕100周年を迎えたジャズ・ピアニスト、セロニアス・モンクへのトリビュート・アルバムで、WONKをはじめ新進気鋭のアーティスト10組がモンクへのトリビュート・トラックを新たにレコーディングしている。アルバムは10月25日に発売。またアナログLPでも11月22日に発売予定である。

Info

WONK

『Monk’s Playhouse』
2017年10月25日発売 epistroph/Blue Note
CD UCCJ-2147 ¥2,600+税
CD予約はこちら
http://store.universal-music.co.jp/product/uccj2147

※アナログLPは11月22日発売予定。
UCJJ-9011 ¥3,200+税
アナログLP予約はこちら
http://store.universal-music.co.jp/product/ucjj9011

■収録曲目・参加アーティスト(順不同・曲順未決定)
・All of us can be good friends / WONK
・Crepuscule with Nellie / Shun Ishiwaka Cleanup Trio feat. Niran Dasika
・Trinkle the Think / Dian from KANDYTOWN
・Think Of One / Melraw feat. Sara Yoshida from Mononkul
・bit / Daiki Tsuneta Millennium Parade
・Monkie heat / Aru-2
・See why / Cram
・Untrue Blue / Phennel Koliander feat.T.A.M.M.I
・You Are Too Beautiful / Lidly
・(11091) MNTANI / Pxrxdigm. feat. Matzuda Hiromu

■リンク
ユニバーサルミュージック:セロニアス・モンク
http://www.universal-music.co.jp/thelonious-monk/
ジャズ100周年特設サイト
http://jazz100th.com/
WONK公式サイト
http://www.wonk.tokyo/

RELATED

epistrophによるイベントが東京・京都・福岡で開催 | WONKやMELRAWなどが出演

WONKを擁する音楽レーベルepistrophによるイベント『EPISTROPH NIGHT』が東京・京都・福岡で6月に開催されることになった。

TAICOCLUBの2ndラインナップでEGO-WRAPPIN'やLone、WONKなどが追加

6/2に最後の開催となるTAICOCLUBが長野県・こだまの森で開催される。1stラインナップが先日発表されたが、本日2ndラインナップの5組が発表された。

WONKとThe Love ExperimentがチョイスするNYと日本の10曲

東京を拠点に活動するWONKと、NYのThe Love Experimentによる海を越えたコラボ作『BINARY』。11月にリリースされた同作を記念して、ツアーが1月8日(月・祝)にブルーノート東京、1月10日(水)にビルボードライブ大阪、そして1月11日(木)に名古屋ブルーノートにて行われる。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。